2019年5月 4日 (土)

「首ポキ」で脳卒中、左半身まひで入院 米男性

(CNN) 首の痛みを覚えて伸ばそうとしたら、ポキッという音。次の瞬間、左半身がまひし始めた――。米国の男性が取材にそんな経験を振り返った。

男性はオクラホマ州ガスリーに住むジョシュ・ヘイダーさん(28)。この時は氷枕を取りに台所に向かったが、まっすぐ歩くことができなかった。「どうしても左約45度の方向に進んでしまった」と振り返る。

義父に連れられて緊急救命室に入り、血栓を溶かす薬を投与された。その後は規模の大きなマーシー病院に転院し、集中治療室で4日間を過ごした後、さらに入院治療を受けた。

マーシー病院で治療に当たったバンス・マコロム医師は「音が鳴った際、首の骨につながる動脈が破裂してしまった」と解説。首をひねったことで血管が切断されたとの見方を示す。

同病院に搬送されてきた際、ヘイダーさんはまひや、物が二重に見える複視などの症状を呈していた。血管を撮影したところ、動脈に損傷があることが判明したという。

この出来事が起きたのは3月14日。リハビリを経て、現在は自立した生活を送ることができている。

「今は車いすや杖(つえ)なしでも歩けるが、前よりずっと疲れやすくなった」とヘイダーさん。「体の左側が少し痛むし、以前より重く感じられる。前ほどは自由に動かせない」と語る。

しゃっくりが止まらなくなるという奇妙な症状にも見舞われた。「卒中後2週間しゃっくりが止まらず、しまいには数秒間息をすることも難しくなった。怖かった」

マコロム医師によると、カイロプラクティックの施術を受けた患者など、この種の卒中は以前にも診たことがある。「私は首を鳴らしたい時は左右に動かすだけにする。ひねることはない」と注意を促している。

以下リンク先

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-35136503-cnn-int

現在、頚へのアジャスト行為(ここではポキポキと呼ばせていただきます)は厚生労働省のガイドラインにおいても禁忌施術に指定されています。(それだけ施術事故の報告も多いそうです)カイロの団体は異論を述べられていますが、こちらでは割愛致します。

自身で行う分には自己責任ということになるでしょうが、やはり発泡音が鳴るまでスイングする行為は椎骨動脈へ加わるストレスが非常にリスキーである事は過去の事故や症例から危惧され報告されています。

そう言う自分も首肩周辺の筋緊張が強く感じてくると首を動かしたくなる衝動にかられます。但しその際はポキポキ鳴らす目的で行わず、大きなスイングや、勢いは付けず、頚の筋肉がじんわり伸びていくように前後左右ストレッチするまでに留めています。

それでも緊張した筋肉のスライドがスムースに伸展できない場合は関節包滑液は鳴ってしまいます。

ではどうすればいいか?これは私の経験ですが、一番大切なことは普段から全身の筋肉が凝らないように深い呼吸を意識したり、まめに優しく揉んでみたりするなどして常に筋肉のテンションを意識し、柔らかい筋肉でいられる状態をキープすることが大切だと考えています。疲労やストレスを溜め込んでしまう前に何か楽になれるアクションを行う事で、関節を鳴らしたくなる衝動自体が抑えられますし、多少負荷をかけたストレッチを行っても柔軟な筋肉であればしっかり伸びることが出来、伸ばされた筋肉により致命的なダメージになる事を防ぐことが出来ると思われます。

 

2018年12月25日 (火)

年末年始お休みのお知らせ。

年内は29日まで営業、年始は4日からの営業開始とさせていただきます。

何卒宜しくお願い致します。
天気予報では年末年始の寒波が予想されております。
皆様ごどうぞ自愛くださいませ。

2018年12月18日 (火)

鍼灸 マッサージ 柔整 広告規制問題

鍼灸、接骨など不正広告が横行 厚労省、年内にも指針作成 

Messenger

不正広告の例

不正広告の例

 あん摩マッサージ指圧師や鍼灸(しんきゅう)師らが従事する施術所で、法律で認められていない項目を掲示する不正広告が横行していることが分かった。患者への健康被害を防ぐため法で厳しい広告制限があるが、近年は無資格者や施術所間の競争が激化し、不正を生み出している。厚生労働省は広告規制を見直した上で年内にも指針を作成し、適正広告との線引きを明示する。

 接骨院で骨折や捻挫(ねんざ)などの施術に当たる柔道整復師やあん摩マッサージ指圧師、鍼灸師は国家資格で、広告を掲示する場合、その内容は住所や氏名、業務の種類などに限定されている。違反すれば30万円以下の罰金を科す罰則もある。

 柔道整復師法などによると「腰痛、肩こり、骨折」など適応症や効果を示す広告は掲示できない。「交通事故専門」といった記載も同様で、料金の掲示も認められていない。「○○療院」「○○治療所」といった名称は、医療機関と誤認する恐れもあるため、使用することができない。

 民間の健康保険組合などでつくる柔整問題研究会が8月、東京都目黒区にある全145カ所の施術所の広告を調べたところ、適応症の記載が58%、料金表示が26%、「交通事故」取り扱いの記載は66%あった。違法性がなかったのはわずか4カ所で、9項目に違反している施術所もあった。

 不正広告が横行している背景には、マッサージ師などの数が増加したことによる過当競争がある。鍼灸師は平成2年の約12万人から、28年の約23万人へとおよそ2倍に増加。柔整師も同様に規制緩和されたことを受け、同時期にほぼ倍に膨れ上がっている。

Messenger

 さらに街中に、カイロプラクティック(整体術)やリフレクソロジー(足裏健康法)などの名目で無資格のマッサージ店が乱立。法規制がなく、広告は野放し状態になっており、さらに厳しい競争環境にさらされている。ウェブサイト上での不正も問題視されており、同研究会が昨年、大阪市内の施術所のホームページを調べたところ、「割引券」で患者を誘引しながら、実際は保険適用されていた所もあったという。

 厚労省によると、不正広告を発見した場合、保健所が行政指導をしているが、自治体からは「指導が追い付かない」との声が出ているという。広告を規制する法には、厚労相が指定すれば、広告ができる項目の範囲を広げる規定もある。厚労省はこの規定を活用して指針で適正項目を明示し、現在は不正となっている項目を解禁することなどを検討している。

2018年9月14日 (金)

利楽のギフト券 大切な方へ癒しのプレゼント

好評をいただいております、利楽のギフト券。

家族や友人等の誕生日プレゼントに。
敬老の日の贈り物に
また何か変わったプレゼントを探している方にもご購入いただいております。
大切なあの人に癒しの贈り物は如何ですか?
あなたの気持ちを大切に。真心こめて施術致します。

2018年9月 1日 (土)

アラウーノ故障 パナソニック製 温水洗浄便座 CH45M3

Iimg640x4801527766507635muo17426

タンクレスタイプのトイレ(CH45M3)で、大小洗浄の際もリモコン式の為非常に困惑。
幸い便器本体には非常用?の洗浄ボタンがあるのですが、押すためにわざわざ振り向く必要があり
中々面倒。
ネット検索しましたところ残念なことに既にこの型は生産終了。
最悪どうなっちゃうのだろうと困った中、パナソニックサイトに尋ねますとCH300Sというというこちらの商品がありました。

Iimg1024x7681524378269dedp5j208526
そのまま注文し、3日後に商品到着。早速電池を入れて動作確認。
しっかり作動し洗浄OK.
ほっと安心致しました。
今の世の中なんでもリモコン式で便利な時代ですが、故に故障してしまうと何とも困り果ててしまいます。
今回は代わりの商品が販売されており事なきを得ました。
同じく製造中止になってしまったアラウーノシリーズをご利用の方は、型番をしっかり確認の上参考になりましたらと思います。
酷暑続きによる身体の体調も、故障や怪我が起きない為にも起こる前からの未病ケアを大切にしたいですね。

2018年6月 1日 (金)

利楽より ご予約希望の患者様へ

利楽よりお知らせです。
大変ご迷惑をお掛け致しますが、当院では施術中はの患者様に最大限リラックスいただけます事を心掛けております為、施術中にいただきましたお電話に出られない事がございます。
お手数お掛けしますが、再度お電話いただくか、伝言メモにメッセージをいただけましたらこちらから連絡を差し上げます。またエキテンよりホーム内に御座います、エキテンかんたん予約。当院LINEからのご予約も承っております。是非ご利用ください。ご理解、ご協力の程何卒宜しくお願い致します。

2018年5月22日 (火)

偏頭痛対策 どんな方法が有効?

もう痛み止めはいらないかも?耳栓と頭痛の意外な関係性

2018.05.22

11

──MYLOHASより転載

アメリカでは3,600万人もの人が片頭痛に悩まされています。典型的な症状は頭の片側がズキズキする、吐き気、目のかすみ、音に敏感になる、など。

20180522_migraine_remedies-1

「一番の原因は、脳の“司令センター”部分(「三叉神経頸髄複合体」と呼ばれています)の働きがおかしくなってしまうこと」と米国頭痛学会(AHS)のディーナ・クルヴィラさん(補完・代替医療部門長)。

この部分が炎症を起こすタンパク質を出して、片頭痛が起こるそう。米国片頭痛財団(AMF)によると、ストレス、不規則な睡眠、天候の変化、アルコール、カフェイン、水分不足も片頭痛に関連。最も片頭痛になりやすいのは25〜55歳の女性なので、気をつけた方がよさそう。

水をたくさん飲む、よく眠るなど、片頭痛につながる状態を改善すれば、症状がやわらぐこともあります。処方薬のトリプタン(商品名イミグランなど)が効く人もいますし、市販されている鎮痛薬(商品名エキセドリンなど)は軽度の片頭痛に有効ですが、いずれも副作用は心配。

ですから、薬をつかわない対処法が欲しいところ。その場合の効果はあるのでしょうか?

耳栓

20180522_migraine_remedies-2

効能

耳栓は、天候のせいで鼓膜にかかる圧力が高くなるのを防いでくれます。片頭痛の強さや持続時間を軽減。「ミグレインX」という耳栓はなんとスマホアプリつき。24時間の天気予報を伝えて、気圧の変化を警告してくれます。ですから、いつ耳栓を使えばよいか簡単に確認が可能。

根拠

片頭痛が天気に関係するケースは78%とする研究もありますが、確かな因果関係は証明されていません。理屈としては、気圧が下がると空気中の酸素が減って、血液が脳に運ぶ酸素も減って頭痛につながるというもの。でも研究で確認されてはいないのです」(クルヴィラさん)

結論

音に敏感な人は、耳栓をすると楽になるかもしれませんが、耳栓で片頭痛が軽くなったというはっきりした証拠は「いまだになし」とクルヴィラ。

筋骨格療法

20180522_migraine_remedies-3

効能

頭、首、アゴの筋肉や骨格をみながら、片頭痛につながる炎症や緊張状態を探り当てていきます。超音波をつかったり、コリをさぐったり、熱を出さないコールドレーザー療法などで状態を調べ、それから緊張状態をほぐしていきます。「アゴが正しく動いていない状態、顎関節症(がくかんせつしょう)と呼ばれる症状が問題なのです」(クルヴィラさん)

根拠

「片頭痛と顎関節症は明らかに関連していますが、治療が顎関節症に与える効果はまだ不明点も」(クルヴィラさん)

結論

「今のところは、研究が不足している点と費用を考えると、もっと根拠のある方法を試す方がよい」とクルヴィラさん。

20180522_migraine_remedies-4

効能

はるか昔から中国で行われてきた鍼灸。身体の特別なポイント(「ツボ」と呼ばれます)にとても細い針を刺し、神経線維を刺激して痛みの信号をシャットアウトします。

根拠

「鍼治療を受けると頭痛が起こる回数が半減」──最近コクラン・レビューに発表された、片頭痛がテーマのレビュー研究の結論でした。コクラン・レビューは世界の論文を見直す「系統的レビュー研究」を集めたデータベースで、信頼度はお墨つき。集めた研究に参加した片頭痛の人は合計5000人近くでした。レビュー研究では、片頭痛の薬と鍼治療の効果を比べた3つの試験を再評価。鍼治療は、薬よりも頭痛の回数を大きく減らせるというのが共通した結果でした。

結論

コクラン・レビューの研究では、6回以上の治療が効果的。「とりあげた3つの方法のなかでは、鍼治療が一番有望です。痛みをやわらげる神経伝達物質、エンドルフィンを活発に作り出すようになるところがいいですね」(クルヴィラさん)

[MYLOHAS, 3 Best Natural Migraine Remediより抜粋

2018年1月27日 (土)

インフルエンザ うがいは感染予防にならない?

この度、インフルエンザの予防にうがいは適さないとし、厚生労働省発、インフルエンザ予防ガイドラインからうがいが外される事に。

私も、日頃からうがいはよくしているのですが、この発表を見てびっくりしました。
インフルエンザのウイルスが口腔や鼻の粘膜、気管から体内に侵入すると数分から20分のうちに感染するそうです。
外出時それだけまめにうがいをすることは不可能だろうというのがその理由だそうです。
逆にまめにうがいが出来る環境なら今まで通り有効という事でしょうかね。
今までにうがいが習慣になっている方は、継続していいのでは。
手洗いは有効だそうです。
他には、
寝不足にならない(免疫力が低下する時間帯の夜更かしはもってのほかですね)
バランスの取れた食事
ストレスや疲れを溜めない
等が有効な予防法だそうです。
2月の寒さをピークにインフルエンザも急増しやすくなります。
体調万全、予防に徹して無事に春を迎えましょう。

2018年1月16日 (火)

くしゃみ抑制すると脳血管や喉、鼓膜が破裂する恐れ 医師ら警鐘

1/16(火) 14:22配信

AFP=時事

【AFP=時事】くしゃみを抑えると、喉の裂傷や鼓膜の損傷、脳血管の破裂などを引き起こす可能性があると、研究者らが15日、警鐘を鳴らした。

【写真】生きた魚のみ込んでぜんそく治療 インド

 多くの人は、くしゃみが出そうになると、本質的にくしゃみの爆発力を抑え込もうとして口や鼻などをすべてふさぐ。だがこうした行為が場合によっていかに危険かということが、英レスター(Leicester)にある病院の救急外来を最近受診した34歳の男性の症例で明らかになった。この男性は、首の腫れと激痛を訴えていた。

 英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)の症例報告データベース「BMJ Case Reports」に掲載された論文によると、担当医師らは、「患者は鼻をつまみ、口を閉じてくしゃみをこらえようとした後、首の辺りで破裂するような感覚を覚えたと話した」として詳細を説明。CAT(コンピューター断層撮影)のスキャン画像を見ると、抑制されたくしゃみの力によって喉の後部が破裂していたことが確認できたと述べている。

 まれな症例ではあるが、くしゃみを抑制したことにより両肺の間に空気がたまってしまった例や、脳血管が膨張した状態にある脳動脈瘤(りゅう)の破裂が起きた例さえあるという。

 医師らは、「鼻孔や口を覆ってくしゃみを抑制するのは危険な行為であり、避けるべきだ」と結論付けている。【翻訳編集】 AFPBB News

2017年12月21日 (木)

エキテン エリアランキング1位 3冠を頂きました

Dsc_0866_3この度、エキテン様より伊東市エリアお客様評価ランキング1位のお知らせをいただきました。記念のステッカー頂戴しました。

 

施術をしお代をいただくこの仕事。患者様の評価あってのお仕事だと思っております。
このような結果につながったことは、素直に嬉しく思います。
また施術にかけるモチベーションが上がりますね。
地域の方に鍼灸施療の素晴らしさをお伝え出来ます様しっかりと頑張って参ります!!
これからも鍼灸いやし処 利楽をどうぞ宜しくお願い致します。

«利楽より 予約の方法