« 2010年5月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月26日 (火)

長引く不安に出来ること

*放射能による影響を受けたの疑いのある患者さんには鍼灸施術で内臓やホルモンバランスを整えた上で右の築賓、漏谷、少海、郄門への施術が有効とされます。

肝経(特に右の肋骨の下あたりをバロメーターに圧痛をみながら施術します。)の反応を見ながら施術致します。

*精神的な大きいダメージを負った方(PTSD等)には、まず気持ちを落ち着かせる目的にリラクゼーションマッサージを行い、交感神経を安定させる事を目的とした全身のバランスを整える鍼灸施術がお奨めです

さらにストレスがあると反応の現れやすいと言われるツボ壇中あたりに圧痛がある場合は左右の賛竹、腰兪の4穴を使います。

これは眼や腰、美顔治療と共に精神科疾患治療に絶大な効果があると言われております。

健康維持に日頃ご自身でも押せるツボ療法を取り入れてみては如何でしょうか?

一般的に不定愁訴と呼ばれるこのような症状にも鍼灸・マッサージは効果が得られると考えております。

(眠りが浅い・疲れが取れにくい・だるさ・イライラ感など)方も少なくないと思います。

これらの心労が長く続くことにより、なんとなく不調を感じられる

長引く原発情勢・余震への不安感や恐怖心。

2011年4月22日 (金)

患者様のつぶやき

ご来院の患者様におっしゃられた一言。

「隠れすぎ~」

当院の場所の事です。(すみません)

一度でもご来院いただいた患者様には、「アピタさんからも隣接していて助かるわ」などの声もいただくのですが、最初の来院時にはお探しになられる方もいらっしゃり、大変ご迷惑をおかけします。

目立った看板もない中お越しいただける患者様には、本当に感謝。

施術で満足・さらには感動までいただければ治療家として本望です。

しばらくは、ひっそりと施術させていただきますが、これからも利楽を宜しくお願い致します。

2011年4月19日 (火)

伊豆オススメの癒しの施設

DhcDhc2伊豆は赤沢にあります、癒しの巨大施設、赤沢スパ。

http://esthe.dhc.co.jp/akazawaspa

久しぶりにお邪魔してきました。

日頃の喧騒を忘れさせるおとなの空間。

赤沢沖の水深800メートルより汲み上げられた新鮮な海水を贅沢に使用されているそうです。

程良いジェットのマッサージ効果で筋肉をほぐし、マイナスイオンより得られるリラクゼーションはからだを芯からほぐします。

何よりも大好きなのが、アウフグース。

聞きなれない言葉ですが、こちらサウナの中にアロマを充満させさらにスタッフさんがひとりひとりにバスタオルで熱風を届けてくれるんです。

これなら、普段低体温や冷え性で汗をかきにくいという方でも確実に発汗すること間違いなしです。薫りに包まれながらデトックスも出来ちゃう素敵なサウナ。それがアウフグースです。

私も訪れた後はすっかり元気になれる、お奨めの施設です。

地元の皆さんをはじめ、伊豆に来た際には一度は楽しまれては如何でしょうか?

ピュアホワイト

Suriltsupa_2 春を感じるこの頃ですね。

患者様の院内用履物を衣替え致しました。

なんてことはないのですが、思わずあまりの白さにアップしちゃいました。

快適なひとときをお過ごしいただけます様、

真新しい履物をご用意してご来院お待ちしております。

ご予約のおすすめ

当院では、患者様がのんびりとしたお時間の中で、心より落ち着ける時間・空間を提供できます様、日々ゆとりある施術を心がけております。

また、お待たせすることなくスムーズな施術に移行いただけます様、是非、ご来院の前にはお手数ですが、お電話・またはメール(HPより24時間受け付け中)でのご予約・空き状況のご確認を宜しくお願い致します。

もちろん、急な辛い症状や、お忙しい方は当日のご予約も承りますのでお気軽にお申し付け下さい。

ひとりひとりの貴重なお時間を大切に。

利楽からのお願いでした。

2011年4月13日 (水)

チャリティーメニューのお知らせ

この度の東北沖大震災に被災された方々へ、利楽にも何か出来る事はないかと思い悩み、この度チャリティーメニューを考えました。

ご予約の際に、「チャリティーメニュー○分コース」とお伝えください。

         20分 1800円 (内200円を義援金に)

         30分 2800円 (内300円を義援金に) 

みなさまの気持ちを義援金とし、信用のおける団体を通じ被災地の皆様に送らせていただきたいと思います。

今、日本中がひとつになり、困難に立ち向かい復興を目指しましょう。

私共に出来ることは微力ではありますが、ひとりひとりの気持ちがやがては大きな力になり、必ずや被災された方々の笑顔を取り戻せると信じています。

これからも利楽なりに出来ることを少しずつ応援し続けて行きたいと思います。

« 2010年5月 | トップページ | 2011年5月 »