« 難病の脊髄小脳変性症、発症の仕組み一部解明 | トップページ | 鼻の細胞移植で糖尿病改善 »

2011年10月 7日 (金)

クローン技術でヒト万能細胞作成…米チーム

読売新聞 10月6日(木)3時7分配信

クローン技術でヒト万能細胞作成…米チーム
拡大写真
読売新聞
 未受精卵に皮膚細胞の核を移植するクローン技術を使って、様々な種類の細胞に変化できる人間の「万能細胞」を作ることに、米コロンビア大学などのチームが成功した。

 6日付の英科学誌ネイチャーに発表する。

 通常のクローン技術では、未受精卵の細胞核を除いてから皮膚細胞の核を移植する。マウスでは、この細胞を胚盤胞という段階まで分裂させ、「クローンES細胞」とよばれる万能細胞を取り出すことに成功している。しかし、人間の場合は細胞分裂が途中で止まり、万能細胞を作れなかった。

 研究チームは、未受精卵の核を残したまま皮膚細胞の核を入れた。電気刺激で二つの核が融合して細胞分裂を始め、胚盤胞まで成長。万能細胞を取り出せた。

« 難病の脊髄小脳変性症、発症の仕組み一部解明 | トップページ | 鼻の細胞移植で糖尿病改善 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503573/52927103

この記事へのトラックバック一覧です: クローン技術でヒト万能細胞作成…米チーム:

« 難病の脊髄小脳変性症、発症の仕組み一部解明 | トップページ | 鼻の細胞移植で糖尿病改善 »