« イカで脂肪肝が改善? | トップページ | 眠りのご褒美 »

2012年3月28日 (水)

長い距離が歩けない  脊柱管狭窄症

動脈硬化のうち、進行すれば心筋梗塞や脳梗塞などの引き金になる可能性がある足や首、腎臓などに起こる動脈硬化を知っている人が3割に満たないことが、ジョンソン・エンド・ジョンソン(本社=東京都千代田区)の動脈硬化に関する意識調査で分かった。また、間歇性跛行(かんけつせいはこう)が足に起こる動脈硬化(閉塞性動脈硬化症=PAD)の自覚症状だと知っている人は約1割にとどまった。

 調査は今年9月下旬、国内の30-60歳代の男女800人を対象に、インターネット上で実施。

 調査結果によると、動脈硬化が起こる部位として知っているのは(複数回答)、「心臓」76.8%、「頭」75.3%で共にほぼ4人に3人だったのに対し、それ以外では「足」26.9%、「首」23.5%、「腹部」18.1%、「腎臓」12.1%と、いずれも3割未満にとどまった。

 また、「一定の距離を歩くと足の筋肉が痛くなり、しばらく休むとまた歩けるようになる」といったPADの典型的な症状(間歇性跛行)を感じた場合、「最初に疑う原因」を聞いたところ、「関節・骨の異常」が30.4%で最も多く、次いで「老化によるもの」25.0%、「閉塞性動脈硬化症(PAD)」12.5%、「何も疑わない」10.6%などと続いた。

 間歇性跛行の症状を感じた場合の対処法としては、「安静にして様子を見る」(34.5%)、「病院に行く」(25.0%)、「インターネットで調べる」(9.8%)、「市販薬などで対処する」(7.3%)などが挙がった。
 さらに「病院に行く」と答えた人に、「どの医療機関に行くか」と聞いたところ、「整形外科」が36.0%で最も多く、以下は「循環器科」19.0%、「血管外科」17.5%、「どこに行けばよいかわからない」13.5%、「内科」12.5%などの順で、循環器科や血管外科の「適切な医療機関」を選んだ人は約3人に1人だった。  ヤフーニュースより抜粋
 


間歇性跛行の原因に、脊柱管狭窄もあげられます。背骨の中には脊柱管と呼ばれる、脊髄神経の束が通る管があります、そこを通った脊髄神経が枝分かれして末梢神経になり四肢の末端まで伸びていきます。
木で言うと、脊髄が幹で、末梢が枝と言えますね。

その脊髄が通る管が老化や、度重なる負荷によるストレスにより、管が狭くなり神経を圧迫し、神経の障害を受けた神経支配の部位に痺れ感や、痛みを発症します。

少し歩いては立ち止り、上体を前かがみにしたり、椅子などに座ることでまた、再び歩き出せるといった症状がよく起きます。
閉塞性動脈硬化症とともに間歇性跛行の原因にみられます。

« イカで脂肪肝が改善? | トップページ | 眠りのご褒美 »

利楽より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503573/53990626

この記事へのトラックバック一覧です: 長い距離が歩けない  脊柱管狭窄症:

« イカで脂肪肝が改善? | トップページ | 眠りのご褒美 »