« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月24日 (金)

認知症高齢者、305万人=予想上回る増加―厚労省推計

時事通信 8月24日(金)11時18分配信
 厚生労働省は24日、2012年の認知症高齢者が推計で305万人に上ると発表した。65歳以上人口の約10%を占める。従来の予想を上回るペースの増加で、20年には400万人を超える見通しだ。

 厚労省によると、03年時点での予想は10年で208万人、15年で250万人、20年で289万人だった。

同省は認知症高齢者が当初の予想を上回った原因について

(1)介護保険制度が普及し調査対象者が増えた
(2)高齢者の寿命が延びた
(3)病院で受診する高齢者が増えた―などと分析している。
 
しかし、10年9月の要介護認定に関するデータを基に推計し直した結果、10年ですでに280万人と予想の1.35倍となっていたことが判明。15年で345万人、20年で410万人、25年で470万人に達するという。 

これからますますの高齢社会に福祉・医療費の増加は深刻な問題になりかねません。病気にならない為の予防医学と共に、認知症にならない為のガイドラインが早急に求められます。

2012年8月21日 (火)

認知症治療…薬の服用見直し、不安感を軽減


読売新聞(ヨミドクター) 8月21日(火)11時32分配信

認知症の症状と現状の薬物治療のイメージ
 認知症には、脳の神経細胞が壊れて起きる記憶障害などのほかに、不安や抑うつなど「周辺症状」と呼ばれる症状がある。その症状を軽くするために、睡眠薬や抗精神病薬などが用いられがちだが、使い方によって悪化させる場合もあり、注意が必要だ。


■併用や大量処方、注意必要

 様々な睡眠薬。認知症の人が服用すると、せん妄を引き起こす可能性があるので注意が必要だ「薬を見直すことで、母の調子が随分良くなりました」。東京都品川区で母親と暮らす男性(63)が話す。

 母親は4年前、アルツハイマー型認知症と診断され、近所の総合病院で認知症の進行を遅らせる抗認知症薬アリセプトと、持病のぜんそく発作を抑えるステロイド剤プレドニンを処方された。昨年末からは不安を訴えるようになったため、抗不安薬デパスも追加された。

 しかし、年明け頃から様子がおかしくなった。急に大声で泣き出したり、意味の分からないことをつぶやいたり。男性が不在だと不安感が強く、「胸が苦しい」と自分で救急車を呼ぶこともたびたびあった。

 そこで、ケアマネジャーの紹介で今年3月、地域の在宅医療に取り組む「たかせクリニック」(東京都大田区)の高瀬義昌医師の診察を受けたところ、薬の種類の見直しを提案された。

 母親が服用していた抗不安薬やステロイド剤は、せん妄を引き起こしやすいほか、筋力の低下を招いて転倒する恐れもある。高瀬医師は、急な状態の変化と身震いして力が入らずガクガク歩く様子から、「薬の使い方が原因」と判断。突然やめると危険な症状が出ることもあるため、デパスとプレドニンの量を様子を見ながら徐々に減らし、その他の薬を調整した。

 すると1か月もしないうちに震えが消え、デイサービスでおやつを食べたり、カルタ取りを楽しんだりできるようになった。男性は「夜中に起き出すことも減り、私が仕事に出かける時も、笑顔で見送ってくれるようになりました」と喜ぶ。

 高瀬医師は「認知症の人が、薬が原因でせん妄を起こしたり、状態を悪化させたりすることは少なくない」と指摘する。

 デパスなどの抗不安薬や睡眠薬は、心身の緊張を解き、リラックスさせる効果がある。だが、認知症の人の場合、意識レベルの低下を招き、せん妄を起こしやすい。筋肉の緊張を弛緩(しかん)させるため、特に高齢者は転倒につながりやすい。

 胃薬のH2ブロッカー、リウマチやぜんそくの治療に使うステロイド剤、パーキンソン病治療薬、一部の市販の風邪薬なども、せん妄の原因になり得る。ただし、こうした薬を自己判断で突然やめると、かえって症状を悪化させる場合もある。

 また、せん妄を抑えようと、さらに強い睡眠薬を出して状態を悪化させるなど、「多剤併用」や「大量処方」の問題もある。

 不適切な薬の処方の背景として、北里大東病院副院長の宮岡等教授(精神科)は「眠れないと言われると、生活習慣などの話も聞かずに睡眠薬を出すなど安易な処方や、医師の薬に関する知識不足もある」と問題視する。高齢者の場合、
〈1〉効果が強く出るので少量から慎重に使う
〈2〉持病がある場合が多いため、副作用や併用する薬との相互作用に注意する
――のが基本だが、それさえできていない例もあるという。

 では、認知症の本人や家族ができる自衛策は何か。

 宮岡教授は「薬の量や種類に関するセカンドオピニオン(別の医師の意見)を求めること」を提案する。また、「服薬について助言をもらえる『かかりつけ薬剤師』を持つのも一つの手だ」と話す。

 薬の作用は個人差が大きく、症状の変化を医師が毎日把握するのは難しい。いつもと違うことがあればすぐに連絡するなど、医師と家族や介護関係者らの連携を密にすることも重要だ。(本田麻由美、小山孝)
【せん妄】
 意識レベルが低下して、不安やイライラ、不眠などを伴う幻覚や妄想が起きたり、興奮状態になったりすること。認知症などで脳の機能が低下している時に起こりやすい。

2012年8月19日 (日)

捻挫の治療 (足関節)

Nennzajpg_3

まずはじめに捻挫時の圧痛部位を多方面からアプローチし念入りにチェックします。当り前にことですが、この作業が治療予後を決定ずける大切な作業です。
undefined
圧痛部位に刺鍼
undefined
パルスを流し鎮痛及び血流改善点を狙います
undefined
経皮消炎剤を塗布、アメリカ製の凄いヤツです。
undefined
キネシオテープを使い、痛めている筋肉と関節をサポート。
undefined
痛みのチェックをし、終了。

痛みが落ち着くまで継続治療していきます。

2012年8月17日 (金)

難病助成56種から拡大 重症患者を重点支援 

難病助成56種から拡大 重症患者を重点支援 厚労省委、中間報告
産経新聞 8月17日(金)7時55分配信
 原因が分からず効果的な治療法がない「難病」をめぐり、患者への支援策を見直している厚生労働省の難病対策委員会は16日、公費で医療費が助成される難病を、現在の56種類から拡大した上で、症状が重い患者を重点的に支援することなどが必要だとする中間報告をまとめた。

 これまで対象から漏れ、高額な医療費負担を強いられてきた患者を救う狙いがある。厚労省は難病対策の新たな法律の制定も視野に検討を進め、年内をめどに新たな助成対象を決める。

 厚労省は現在、原因不明で症例数が少ないなど、一定の要件を満たした130種類の病気を「難病」に指定し、治療法の研究費を助成している。このうち、パーキンソン病など特に治療が難しい56疾患については、国と自治体で患者の医療費も助成してきた。

 ただ、助成の対象は数百種類あるとされる難病の一部に限られており、これまで「不公平だ」との指摘が相次いでいた。

 一方で、中間報告は効果的な治療法が確立した難病は定期的に評価し、助成を見直す必要があると指摘。給付水準のあり方についても、公平性や施策の安定性などを考慮し、公費で負担する金額の見直しを検討する必要があるとした。

 対象拡大には財源確保が必要で、厚労省は来年度の予算要求に向け財務省と調整を行っているが、すでに助成を受けている患者からは対象から外されたり、支給額が削減されたりすることへの懸念も生じそうだ。


限りある貴重な財源、難病と闘う患者様のサポートにしっかりとあて、療養を支えていただきたいです。

2012年8月13日 (月)

伊豆の絶景風呂 テルマエロマエ

undefined
伊豆の踊り子や天城超えでも有名な河津、七滝温泉にある天城荘にお邪魔いたしました。
undefined

undefined
なぜここに阿部ちゃんが?
undefined
なんと、びっくり!?映画テルマエロマエでの入浴シーンの撮影に、こちら天城荘さんのお風呂が使われたと聞きテンションアップ^^
undefined
早速水着に着替え、堪能しに出かけます♪(こちら天城荘さんでは冷水ゾーンと、温水ゾーンに分かれどちらも水着のままでお楽しみいただけます)
undefined
まずあらわれたのが、子宝の湯
undefined
ふむふむ、こちらに子宝の湯の由縁が・・・。私も不妊治療の力をあやかりたい。
undefined
次なる名湯は・・・
undefined
洞窟風呂。こちらは混浴?男湯・女湯に分かれていますが・・・
undefined
最終的には混浴に。。。
undefined
そして絶景の滝がお目見え。昔は遊泳可だったのに今は遊泳禁止に・・・。とほほ

undefined
魚も見える澄んだ川を眺めて下流までいくと
undefined
プールとお茶所的な休憩所が
undefined
川の水を引き込んだプールは、火照ったからだをクールダウンしてくれます。消毒の為塩素が入ってますが、本来は飲水しても大丈夫だそうです。
undefined
もう一つの子供プールは源泉そのままの温泉プールで凍えたからだを温められます。
温冷そろったプールで子供も安心です。
undefined
森の上にはループ橋が見えます。
undefined
都会の喧騒を忘れさせる自然の景色が素晴らしい。
undefined
食べずにはいられない^^
undefined
こ、これは・・・今でも銭湯にはあるのでしょうか?
undefined
20120813_211657

帰りは、ループ橋を通り、天城超えルートで伊東まで。真夏の渋滞にも遭遇せず、1時間半にて無事帰宅♪
マイナスイオンを全身に浴び、若返って気分。楽しい一日でした。

伊東の夏 海水浴場紹介

Dvc00145_2

まず135号線を下り、伊東に入り最初にあらわれる宇佐美海岸。

Dvc00153

遠浅なビーチの為、小さな子供でも比較的安心して遊べます。はじめて海デビューするならこちらがオススメ。

20120813_013128

Dvc00237

次は車を走らせる事、5分少々で見えてくるのが

20120813_013222

伊東オレンジビーチ。海の家が多く、バナナボートや、ジエットスキー等のマリンスポーツもオススメ。

20120729_1421121


無人島の手石島

20120813_013240

磯遊びならこちら、潮吹き海岸。

こちらは海岸の目の前が駐車場なので大変便利。BBQをする家族も多い場所。

20120813_013258

姥子海岸はプライベートビーチ気分が味わえそう。

Dvc00134

潮吹き海岸から走る事5分で川奈いるか浜海岸に到着。

急に掘れるビーチが特徴。堤防の形がユニーク。地元の人も愛するファミリービーチ。

近い場所で、さまざまなタイプの海岸が楽しめるのが伊東の海の魅力です。お好みの海岸が見つかりましたでしょうか?

2012年8月10日 (金)

運動神経病の原因遺伝子発見

運動神経病の原因遺伝子発見=ALS仕組みも解明へ―東大・徳島大
時事通信 8月10日(金)1時14分配信
 
筋力が低下し死に至る「近位筋優位遺伝性運動感覚ニューロパチー」の原因遺伝子を発見したと、辻省次東京大教授と梶龍児徳島大大学院教授らの研究チームが10日、米医学誌に発表した。

筋萎縮性側索硬化症(ALS)の一種ともいわれる病気で、ALSの仕組み解明にも役立つという。
 
研究チームはこの病気の患者がいる4家系の遺伝子を解析し、発症者19人全員に「TFG遺伝子」の変異があることを発見した。

TFG遺伝子は細胞内のたんぱく質「TDP―43」などを運ぶ役割を担っているが、変異により運搬機能が低下。TDP―43が細胞質にたまり、運動神経細胞が死ぬと考えられるという。
 

このたんぱく質はALS患者でも同様にたまり、神経細胞死を引き起こしているとみられている。たまる仕組みは分かっていないが、今回の発見が解明の手掛かりになる可能性があるという。 

2012年8月 3日 (金)

夏の定番、ビーチサンダルに潜む危険性

夏の定番、ビーチサンダルに潜む危険性 米専門家が指摘
CNN.co.jp 8月3日(金)9時0分配信
(CNN) つま先の打撲、足首のねんざ、骨折、水膨れなど、足の痛みの原因はさまざまだが、米国で、特に夏の間に足に痛みを生じさせる一般的原因としてビーチサンダル(フリップ・フロップ)が挙げられる。

米国ではビーチサンダルの愛用者は多く、ビーチに限らず、店や職場でもビーチサンダルを履いている人は多いが、足の予防衛生研究所(IPFH)の事務局長ボブ・トンプソン氏は、ビーチサンダルの使用は多くの危険を伴うと指摘する。

人間の足は、地球の自然な表面(芝生、砂、砂利)の上を裸足でも歩けるように作られているが、今日、多くの地面を覆っているコンクリート、アスファルト、鉄の上を裸足で歩けるほど丈夫にはできていない、とトンプソン氏は語る。

しかし、ビーチサンダルの薄いゴム底では、これらの人工的な地面からの衝撃をほとんど吸収できないという。

静止している時も動いている時も、足は常に地面との最初の接点になる。足と地面との接し方が、体の骨格整列に影響を与えるのだ。

サンダルのようなフラットな靴は、土踏まずを支える部分がアーチ状になっておらず、側面のサポートもなく、履いている人の姿勢にもほとんど変化がない。そのため長時間履いていると骨にずれが生じ、ひざ、腰、背中に痛みが生じる恐れがある。また足を固定するものが何もないため、転倒、足首のねんざ、骨折の原因にもなりうる。
ロサンゼルスにあるシーダーズ・サイナイ・メディカルセンターの足専門医ノレーン・オズウェル氏は、靴は足の曲がる部分が柔軟であるべきだと語る。

しかし、大半のビーチサンダルは底が全体的に柔らかく、また一部のおしゃれなサンダルは底が堅くて全く曲がらないという。

またビーチサンダルは、すでに足が危険な状態にある人にとっては特に有害とオズウェル氏は指摘する。

例えば、糖尿病患者の足は血行が悪く、感覚も乏しいため、ビーチサンダルを履くと足の負傷だけでなく感染のリスクも伴う。また平衡感覚に障害のある人は、安定性に欠けるゴム状のビーチサンダルを安心して履けないかもしれない。

さらに肥満の人が構造化されていない靴を履くと、重い体重を支えている足にさらなる負担をかけることになる。

しかしオズウェル氏も、ビーチサンダルが役立つケースがあることは認めている。例えば、スポーツクラブや市営プールのロッカールームでは、ビーチサンダルを履くことにより、菌やウイルスから足を守ることができる。また砂浜の砂が熱すぎて裸足では歩けない場合もビーチサンダルは重宝する。
しかし、ビーチサンダルの使用はなるべく控えるべきというのが専門家の意見だ。オズウェル氏も、ビーチサンダルを履くこと自体が問題なのではなく、履きすぎていることが問題と指摘する。

そんなオズウェル氏が日常的に履いているのはテニスシューズだ。「すべての人にとって最良の靴は、編み上げで形の良い良質な運動靴だ」と同氏は語る。

トンプソン氏も、つま先部分にゆとりのある自分の足にフィットした靴を履き、さらに足の水分を逃がすためにアクリルが混じったパッド入りのソックスを履くことを推奨している。

また、どうしてもビーチサンダルを履きたい人は、でこぼこした場所は避け、サンダルを脱いだら足をよく洗うよう助言している。

マッサージや整体で骨折の被害も

TBS系(JNN) 8月2日(木)20時50分配信

 マッサージや整体を受けて、骨折するなどのトラブルが今、増えています。被害の相談が、5年間で800件近く寄せられているとして、国民生活センターが注意を呼びかけました。

 日々の生活でたまった疲れを癒やすマッサージ。東京都内のこの店では、横になって全身の筋肉をほぐしていくコースが人気です。

 「腰とか足が痛いので、すごくいい」(客)

 このところ、都市部を中心に増加するマッサージを中心としたリラクゼーション・スペース。一方で、トラブルも相次いでいるといいます。

 国民生活センターによりますと、マッサージなどを受けて、「ろっ骨が折れた」といった相談や「腰をまっすぐにできないほど痛くなってしまった」という相談が、2007年度以降で825件も寄せられています。その半数近くが整体やカイロプラクティックでの施術だったといいます。「指圧」や「柔道整復」には国家資格が必要ですが、整体やカイロプラクティックには国家資格がありません。

 「危険があるから免許が必要。免許を持たない人がやるのは、より危険」(全日本鍼灸マッサージ師会 杉田久雄 会長)

 ただ、国家資格のないマッサージ店でも独自の取り組みをしているところもあります。こちらの店で働くには、300時間の講習を受けたうえ、民間団体が発行する資格の取得が必要だといいます。

 「直接客の体に触れるので、事故など起きないように全社員が民間資格を取得してる」(ベアハグ 上野山保幸 技術マネージャー)

 また、定期的な勉強会など独自の取り組みで事故が起こらないよう、技術水準の維持に努めています。しかし、広告や看板だけで利用者が資格のあるなしや店の善し悪しを見極めるのは難しいのが現状です。

 国民生活センターでは、国家資格のない整体などについても、業界に対し施術の際のガイドラインを作成するよう求めています。以上ニュースより。

正直、やっと二ユースになったか・・・というのが私の本音です。 ですので、今回は厳しく書かせていただきます。

我々にとっても大問題ですが、なにより患者さんの身の安全が非常に気になります。中には熱心に勉強している方もいるのでしょうが、それでもやはり民間資格=無資格者である事は変わりありません。 整体・カイロ・エステ・リフレクソロジー・リラクゼーションなどの  民間資格とは、国家資格ではない会社や運営団体が独自のカリキュラムや・指導などで術者を養成し、系列会社で雇用する派遣業的なイメージで私はおります。 その為、三年間学科・実技・を学び施術者としての志を磨きあげた上で国家試験を受験し国家資格を取得。 そして晴れて患者さんを迎え業(職業)とする事が出来る我々鍼灸・按摩・マッサージ師とは似ても似つかない お仕事です。 色々な問題がある中、

万が一施術事故が起きた場合、民間資格には保険の加入が無い為、なんの補償もなく、患者さんが泣き寝入りになった案件もあると聞きます。

我々、鍼灸・按摩・マッサージ・指圧師は所属団体により、おのおの賠償保険に加入出来、万が一の起きてしまっ施術事故の対応にもしっかりと対応できます。

もちろんそのような事故を一度でも起こさないために、我々国家資格保有者は三年間にもわたり数百時間の実技、学科・試験をクリアーしたうえで国家試験を受験する権利を得られます。

そして、晴れて合格する事で、マッサージ・鍼灸を業(身体に触れ施術する事で御代をいただく事)にすることができます。

このようなプロセスを持つ我々でさえ、医学は日進月歩ですから勉強は日々怠れないと感じます。

安易な民間資格だけで堂々と仕事に出来てしまう現在の法制度は抜け道も多く、このようなニュースになってしまったのではと・・・。 患者さんをマッサージし、元気になっていただく仕事としたいのなら学校に通い、国家資格を取る。 この先の強い制度改正と、患者さんにも改めて、施術家の身分を知り、行き先を選択する意識改革が必要だと私は考えます。

大切な身体を預ける、治療院選び。一度見直してみてはいかがでしょうか?

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »