« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

手のぬくもりがもつ力

震災直後、けいれん患者急増=栄養、睡眠不足が原因か―東北大など

時事通信 1月30日(水)6時37分配信

 手足の震えが止まらないけいれん発作で入院する患者が、東日本大震災直後に急増したことが、東北大と宮城県気仙沼市立病院の研究チームの調査で分かった。避難所での極度のストレスや栄養不足が原因とみられ、研究チームは「災害時の栄養管理や避難所の環境を地域全体で改善し、『次』に備えてほしい」としている。
 研究チームは、2008~11年の3月11日後の8週間について、同病院への神経救急入院患者に占めるけいれん患者数を調査。08年は55人中6人(10.9%)、09年57人中3人(5.3%)、10年は48人中0人(0%)と減少していたが、11年は66人のうち13人(19.7%)まで増加した。

そんな時にこそ「「手当を」」

そっと手を当て、

手の持つぬくもりで疲れ切った心とからだを支えてほしい。

どんな人の手にも誰かを癒す力が備わっています。

人間の、日本の底力は人の手から生まれる。

私はそう思います。。。

マッサージは国境を超える

本日はご縁あり、韓国よりお越しの患者様を施術させていただきました。

お会いすると日本語がお話しできる方で、ほっと安心。
施術を始めると、少し離れたところに男性が座りこちらを見ています。
どうやら通訳の方みたいです。
集中し黙々と施術。
ツボを探っていく中、腰周り秘伝のツボを押すと。。。
「いいです・いいです」とのお言葉が。
私は、そこは押さなくていいの?それとも、もっと押しての意味なのかな?
と思案しながら様子をみると、どうやら気持ちが良い反応の様。
次に首のツボを押すとまた「いいです・いいです」。
今まで、色々な国の方を揉ませて頂きましたが、反応は皆さん独特で大変興味深いところです。
「イェス」もあれば、「ウーン、ウーン」と反応いただいたり。
ツボをとらえる度、オー・オーとか
日本人の場合はヒットしていても声を出して反応いただくことは少ないです。
そういう意味では外国の方の方がツボのヒットがわかりやすいですね。
そのうち会話が弾み、私の故郷にも行ったことがあるとのことで
会話は急加速。
K-POPから、韓流ドラマ。新大久保の話など
「このからだの疲れはストレスですか?」と患者さん
「はい、そのような反応がお身体にでております」。と私。
どうやらお話を聞いてくうちに、その方はソウル近くの市長さんをされているそうで。
それはそれは、凡人の私には想像もつかないくらいのお疲れを抱えているのでしょう。
私「韓国にもマッサージは多いですか?」
「タイ式、中国式、韓国式色々あります。」
「ジャパニースマッサージはありますか?」
「ノー」
「私は、ジャパニーズ指圧スタイルです。」と言いますと。
「グー!!」
「日本で痛い時の反対はなんていいますか?」
「気持ちいいとか痛キモなんていいますよ。」
その内、ツボを攻めると、「うーん気持ちいい、そこ痛キモ」と上手にリアクションを。
患者さんとのシンクロを感じた瞬間です。
最後は、施術も終わり、「カムサハムニダ」と私。
市長さんは「痛キモ・痛キモ」と手を振って頂きました。
世界一器用といわれる我々日本人の、指先の感性は世界に通じる(大げさですが)武器だと思える一日でした。

2013年1月28日 (月)

冬場の入浴時に潜む危険・・・

冬の入浴、高齢者急死多く…体温・血圧の変化で

読売新聞 1月28日(月)15時12分配信

冬の入浴、高齢者急死多く…体温・血圧の変化で

読売新聞

 入浴中の高齢者の急死が全国的に増えている。

 九州や沖縄県でも同じ傾向で、大分県では昨年、入浴時に溺死した約180人のうち、9割が65歳以上だった。体温や血圧の急激な変化が関係するとみられるが、冬場に集中しており、専門家はこの時期の入浴方法を工夫するよう呼びかけている。

 厚生労働省によると、浴室での溺死者は1999年は全国で3058人だったが、2011年は4581人に増加。九州、沖縄、山口では、横ばいの熊本県、減少した山口県を除き、福岡県で163人増、鹿児島県で34人増など、いずれも増加傾向にある。

 昨年、大分県警が扱った浴室や浴場での溺死者は前年比23人増の182人で、うち166人が65歳以上だった。1~3月と10~12月に8割が集中、今月も22日現在で37人死亡している。

 福岡県では、県警が昨年1月~12月24日に扱った浴室での溺死者は457人で、平均気温が前月より6・3度も下がった11月は、死者数も前月の約4倍の71人に急増した。

 東京都健康長寿医療センター研究所の高橋龍太郎副所長は、入浴時の急死の原因について〈1〉体温の上昇で意識障害になって浴槽から出られず、さらに体温が上がってしまう「熱中症」〈2〉脱衣後の寒さによる血管収縮、入浴後の血管拡大などで血圧や脈拍数が変動し、脳卒中や心筋梗塞を起こす「ヒートショック」などを挙げる。こうしたリスクは年齢が10歳増えると1・34倍、気温が10度下がると1・42倍に膨らむという。

駄菓子屋にお邪魔してきました。
百円で買える幸せ^^
今も昔も駄菓子浪漫。
にしても、寂しいなぁ~。。。
201301261317001

201301261320000201301261322000

女子高生「個室マッサージ」初摘発 警視庁

産経新聞 1月27日(日)21時35分配信

 18歳未満の女子高校生らに個室マッサージをさせたとして、警視庁少年育成課は27日、労働基準法違反(危険有害業務への就業)容疑で、東京・秋葉原や池袋などの通称「JK(女子高生)リフレ」のマッサージ店計17店舗を一斉に捜索した。同種店舗の摘発は全国で初めて。同課は経営者らを同法違反容疑で立件する方針だ。

 「JKリフレ」は、女子高校生が個室で男性客に「肩もみ」や「添い寝」などのサービスをする店舗で、数年前から秋葉原や池袋を中心に拡大していた。

 店舗の形態は風営法の適用外だが、同課は提供しているサービスが年少者労働基準規則で未成年の就業を禁止した「特殊の遊興的接客業」にあたると判断し、強制捜査に踏み切った。

マッサージを行いそれを業とする場合、マッサージ師の国家資格を有する事になっているのですが。。。
有資格者としましては、摘発の理由が「マッサージ法違反」ではなく、
特殊の遊興的接客業というところがなんとももどかしいですね。
警察でさえ認知がされていないのではと考えてしまいます。

2013年1月21日 (月)

スマホで簡単閲覧 電子版お薬手帳

 

産経新聞 1月19日(土)22時36分配信

スマホで簡単閲覧 電子版お薬手帳 各薬局から続々投入  
拡大写真
スマホに表示された電子版お薬手帳のサンプル(右)。用法、用量など保険調剤明細書と同じ内容が反映される(写真:産経新聞)

 服用する薬の用法、用量などを記録し事故防止などに役立てる「お薬手帳」について、調剤薬局が相次いでその電子版の提供に乗り出している。スマートフォン(高機能携帯電話)などを使い服薬履歴を確かめられるなど利便性が高い。医療情報などの電子化を進める政府構想を先取りした形で今後も参入が予想される。(柳原一哉)

 業界大手アインファーマシーズはNTTドコモと組んで開発した電子版お薬手帳の提供を昨年7月から全国500店で始めた。

 薬局で発行された紙の保険調剤明細書のQRコードをスマホで読み取ると、薬剤の用量、用法などのデータが取り込まれる。手元にスマホさえあれば患者はいつでも簡単に薬を確かめられるほか、設定しておくだけで飲み忘れをアラームで知らせる機能も使える。

 「薬の飲み方が分からなくなったりする患者は多いが、薬局での対面指導には限界がある。スマホを服薬支援に活用したいというのが当初の動機だった」(アイン担当者)。

 東日本大震災では被災者が手帳などの服薬記録を失い、薬の処方に苦慮した経験もある。「普段はスマホで服薬状況を把握し、災害などで紙の記録を失った際でもデータが見られ、記録のバックアップにもなる。このため回線が途切れてもデータを見られるよう設計した」(同)といい、ライフライン機能の性格を併せ持つ。

 調剤薬局各社は相次いで電子版を投入している。スーパー・イオン内の「イオン薬局」が昨年11月末から電子版を始め、来年度中に全国店舗に拡大する、と発表。一昨年11月から始めた日本調剤の電子版は現在464店舗で利用できる。

 相次ぐ電子版投入の背景には、医療情報などを電子的に管理・活用する政府の「どこでもMY病院構想」がある。電子版お薬手帳を電子カルテなどと並ぶ同構想の柱に位置づけ、厚生労働省は平成23、24年度に石川県でモデル事業を実施。結果を踏まえ、政府のIT戦略本部での論議を経て実施に移す運びだ。

 構想に先行して民間では具体化が進んでおり、今後も新規参入が見込まれることから制度整備が急務だ。

 例えば、薬局は紙の手帳に薬剤の情報を記載することで患者に情報提供をしたとみなされ、調剤報酬に算定できる。だが、その際の手段は文書などに限られ、電子データだと情報提供には該当しない。

 電子版のシステムの運用は薬局の“持ち出し”となり、薬局関係者からは「ボランティアのようなもの」との声も漏れる。

 薬局によって異なるシステムによる規格が複数出そろってくると、「患者に混乱をもたらしかねない」(厚労省医政)との懸念が増す。

 どの患者にどんな薬が処方されたかは高度な個人情報だ。日本薬剤師会は「(電子版お薬手帳の)情報の2次利用などが国民に大きな不利益を与える可能性がある」との見解をすでに示しており、厚労省も「慎重な議論が必要」としている。

2013年1月20日 (日)

伊東オレンジビーチマラソン マラソンのビフォーアフター

Nec_0181_2

明日は、伊東市恒例のオレンジビーチマラソンが開催されます。
本日ご来院の患者様。
大会を前に、怪我及びパフォーマンスアップに備え、キネシオテーピングによる足首と膝のコンディションを調整。
こちら、現在痛みが無い方には予防として、
既に痛みを感じながら参加の方には、テーピングが筋肉をサポートする事で、運動時に生じる痛みを軽減しフォームの乱れによるパワーバランスの是正にも役立ちます。
Nec_0183
また競技前のマッサージは筋肉の柔軟性向上することで怪我の予防、関節の可動域を高めパフォーマンスアップに最適です。
逆に競技後のマッサージには、筋肉に溜まった疲労物質の代謝を促進し、疲労の早期回復に役立ちます。
筋肉痛の軽減にも繋がり疲労を長引かせる事無く仕事に就けます。
からだのちょっとしたサポート知識を知ることで、もっと楽しいランニング生活を。。。

子育て教室にお邪魔してきました。2013年1月

今回は、パーテーションんで仕切って頂き、より落ち着いた空間で施術を受けていただくことが出来ました。
お心遣い頂き感謝・感謝です。
そんな中での今日のほっこりな一枚です。
保健委員さんに赤ちゃんを抱っこしていただき、ママさんしばしのリラクゼーションタイム♪
「人は生まれた時から誰かの手に支えられながら生きてるんだなぁ~」
と思うひとコマですね。
私もその手の一つになれたら嬉しく思います。
日本の宝、元気に笑顔いっぱいに育ってほしいですね^^
1358475042293_2
インフルエンザも流行りだしそうな気配です。
寝不足の中、子育てに頑張るママさん達。
手洗い・うがいで自己防衛を!!
今年の寒さ、元気に乗り越えて下さい。

1358473745048

2013年1月11日 (金)

利楽の耳つぼ痩身 患者様の声を集めてみました。

利楽の耳つぼ痩身を経験された方々のお声を集めてみました。

 

Dvc00191

 

貼ってすぐに耳がジンジンしてきた。

なんだろう?からだが熱くなってきました。
胃のあたりがキューっとしてきた。






ここからは継続して数回貼り替えるうちに感じた声です。
生理周期がばらばらでしたが、初めて正常周期で生理がはじまりました。
食欲はまぁまぁですが、間食をしなくなりました。
慢性的な腰の痛みが、気が付けば最近痛みを意識しなくなったかも。
確実にご飯のお替わりがないと満足できなかったのに、最近茶碗の半分のご飯で食事が終われます。
朝が、すっと起きれる様になりました。
仕事を終えてからの台所仕事が憂鬱だったのが、最近はからだに余裕が出てきたかも?
等などのお声をいただいております。
皆様、最初は痩身目的で始められるのですが、耳つぼの刺激により身体全体のバランスが整い、結果痩身と共にからだの良い変化に気付く方が多いです。
足のつぼと同じように、全身の反射区が投影されている耳つぼ。
あなたはどの耳つぼを刺激しますか?

2013年1月 6日 (日)

慢性的痛みの25%は神経障害性疼痛の疑い

NEWS ポストセブン 2012年10月19日(金)16時6分配信

 いま、神経性の痛みを抱える患者数が増えている。痛みに関する大規模な調査によると、慢性的な痛みを感じている人の中で4人に1人が「神経障害性疼痛(とうつう)」の疑いがあるという(2011年『わが国における慢性疼痛および神経障害性疼痛に関する大規模実態調査』)。

 そもそも痛みには、大きく分けて2種類ある。1つは、頭痛や歯痛、肩こり、打撲、切り傷などの“炎症”による痛み。これは重くズーンとした痛み方をする。もう1つが、神経障害性疼痛。特徴は、強いしびれ、電気が走る、焼けるように痛い、ビリッとくるなど、鋭い痛みだ。痛みの治療に詳しい日本大学医学部麻酔学科系麻酔科学分野の加藤実さんは、神経性の痛みについてこう語る。

「肩こりや腰痛など、いわゆる炎症による痛みが繰り返し起こることで、痛みを感じる神経が過敏になってしまうこともあるんです。なかなか治らない痛みは、神経に原因がある“神経障害性疼痛”かもしれません」

 続けてその原因について、「人が痛みを感じる時、痛みを伝える神経伝達物質が放出され、脳に伝わって痛みを認識します。神経障害性疼痛の原因のひとつとしては、この伝達物質が出すぎることで起こることがわかってきました」と語る。

 問題は、炎症による痛みと違い、神経による病気は原因が特定されにくいため、どのクリニックに行けばよいのかわからない場合が多いことだ。現在、神経障害性疼痛の人の中で約7割が我慢しているという調査結果もある。整形外科などで鎮痛剤や湿布を処方されても改善されず、マッサージや整体に通って一時的にしのいでいる人もいるという。受診方法について、加藤さんに伺った。

「痛みが腰や首、膝に出るなら整形外科へ、疱疹などを伴う場合は皮膚科へ。医師に正しい症状を伝えることが大事です。『首から肩にかけてピーンと電気が走るように痛い』など、痛みが出ている部位や痛み方を具体的に伝え、正しい薬を選んでください」

 とはいえ、痛みを言葉に置き換えるのは容易ではない。以下に、主な痛みの症状を挙げたので参考にしていただきたい。

【神経障害性疼痛の症状 チェックリスト】
■しびれの強い痛みがある
■焼けるようなひりひりする痛みがある
■電気が走るような痛みがある
■針で刺されるような痛みがある
■衣類がこすれたり、冷風に当たったりするだけで痛みが走る
■痛みの部位の感覚が低下していたり、過敏になっていたりする
■痛みの部位の皮膚がむくんだり、赤や赤紫に変色したりする

 さらに最近は、保険適用薬の処方も進んでいるという。「神経障害性疼痛は、湿布や鎮痛剤などいわゆる痛み止めが効かないケースも多く、最近では『リリカ』という薬を処方するようになってきています。これは、日本で初めて許可された神経障害性疼痛の治療薬で、保険が適用されます。『リリカ』は、神経を興奮させる物質の流入を低下させ、痛みを抑えます」(加藤さん)

 代表的な神経障害性疼痛には、帯状疱疹後神経痛、糖尿病、坐骨神経痛、脊椎管狭窄症などの病気があり、ひどい場合は、5分以上、歩けないような激しい痛みを起こす症状も。痛みに我慢は禁物だ。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »