« 手のぬくもりがもつ力 | トップページ | 伊豆の癒しスポット。DHC伊豆赤沢海洋深層水にお邪魔してきました。 »

2013年2月 4日 (月)

胃がん予防に是非。

ピロリ除菌、胃炎も保険適用へ 胃がん予防に道

朝日新聞デジタル 2月3日(日)15時16分配信

 【浅井文和】胃がんなどの原因になる細菌「ヘリコバクター・ピロリ」の感染による胃炎について、除菌治療が、保険適用として認められる見通しになった。これまでは胃潰瘍(かいよう)など症状が進んだ病気に限られていたが、より早い段階で治療が受けられるようになり、将来の胃がん予防につながる可能性がある。

 ヘリコバクター・ピロリは胃の粘膜にいる細菌。感染者は国内で約3500万人で、50歳以上の7~8割が感染しているとみられる。子どもの頃に感染すると、成人になっても胃の中で生き続ける。

 現在、公的医療保険で除菌の対象になる病気は胃潰瘍、十二指腸潰瘍など。これまで胃炎の除菌は保険の対象外なので自費診療になり、1回につき、数万円の自己負担が必要だった。

保険適用により軽くなる自己負担。胃がん予防に大きな前進ですね。

« 手のぬくもりがもつ力 | トップページ | 伊豆の癒しスポット。DHC伊豆赤沢海洋深層水にお邪魔してきました。 »

健康関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503573/56692921

この記事へのトラックバック一覧です: 胃がん予防に是非。:

« 手のぬくもりがもつ力 | トップページ | 伊豆の癒しスポット。DHC伊豆赤沢海洋深層水にお邪魔してきました。 »