« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月28日 (金)

ぎっくり腰 

腰痛の症状・原因も様々ですが、本日は急性腰痛症(ぎっくり腰)について

既に経験したことがある方も、まだ経験がなくいやいや私は大丈夫という方にも予防の知識になればと思います。

腰痛は誰にでも突然に起こる可能性は十二分にあるあるわけです。
自分がぎっくり腰になりやすい、または陥る傾向にある、簡単にその未来は判断がつきます。
それは筋肉の柔軟性が低下している人です。
今すぐ前屈をしてみてください。突然行うと背中の筋肉を痛めることもありますのでスピードはいりません、ゆっくりと息を吐きながら上体を前に倒しましょう。
背中のどこかや太ももの後ろ(ハムストリング)に硬さ・ハリ感・もしくは痛みが出る方は要注意です。
特に昔よりも硬さを感じる人は特に注意です。
血流低下や冷え・またはストレスによって筋肉の柔軟性が低下しているサインです。
硬くなった筋肉は関節(背骨)のスムーズな動きを低下させ、その状態で生活が続くことで知らず知らずの内にぎっくり腰の発症リスクを高めます。
東洋医学的には腎の機能低下・疎帯が考えられます。
まずは一年を通し、足元を冷やさずにいましょう。
治療にはお灸を用いますが、冷えの深い方は回復にも時間がかかってしまいます。
マッサージをしながらストレッチを加え、硬くなった筋肉を根気よくほぐしていきます。
柔軟性のある筋肉は急激な負荷やショックにも対応できる余裕があります。
くしゃみや、せきをした瞬間にぎっくり腰になるのも筋繊維が悲鳴を上げる寸前の状態に気付けなかった場合に起こります。
慢性腰痛の方は、日頃から腰の違和感がある=サインに鈍感になりやすい傾向も。
激しい痛みに身動きが取れない。
そんな事にならない為にも、日々身体との会話を大切に暮しましょう。

2013年6月26日 (水)

辛い頭痛 痛んでからでは遅いのです。 

W×R簡単な体操で予防も

低気圧や暑さで頭痛が起こるわけ

2013.06.26

坂井先生が考案した片頭痛の予防に役立つ頭痛体操。頭と首を支えている筋肉のコリや疲れをとり血行をよくして、頭痛を和らげる。痛みがないときにすること坂井先生が考案した片頭痛の予防に役立つ頭痛体操。頭と首を支えている筋肉のコリや疲れをとり血行をよくして、頭痛を和らげる。痛みがないときにすること

本格的な夏の訪れとともにやってくるのが、熱帯低気圧、つまり台風。どういう仕組みなのか「台風が近づくと頭痛がひどくなる」というウソかマコトかわからない話をよく聞きます。これは単に不快な天気による“気のせい”なのでしょうか、それとも何か実態がある話なのでしょうか?

「頭痛の痛みを感じる部位は、情緒や感情を感じる脳の部位と関連しているので、快・不快が頭痛に関係している可能性はありますが正確にはわかっていません。ただし、頭痛は、神経や血管などにある『痛み受容体』といわれるセンサーが敏感になって痛みを感じるのですが、脳の三叉神経や皮膚にある痛み受容体は、温度が高くなると活性化して痛みを感じやすくなることが最近わかってきました。気圧に関連する『痛み受容体』はまだ見つかっていないものの、同様にして頭痛を引き起こす可能性はあります」

と教えてくださったのは、埼玉精神神経センター埼玉国際頭痛センター長の坂井文彦先生。なるほど。でも気候の変化ですべての人が頭痛になるわけではないですよね。どんな人がなりやすいんでしょうか?

「頭痛には主に『片頭痛』と『緊張型頭痛』があり、気候の変化で頭痛になりやすいのは普段から片頭痛がある人。片頭痛は頭の片側でズキンズキンと脈打つような痛みがあり、ストレスが関連するのですが、根本的には、遺伝子によって痛みを感じやすい体質かどうかが決まります。両親に頭痛持ちがいると自分もなりやすいでしょう」

気候の変化を痛みでも感じてしまうとは、なんともつらい話ですね。対策はあるのでしょうか?

「手軽にできるのが、首から頭にかけて血行をよくする頭痛体操です。頭と首の神経はつながっていて、首回りの筋肉が緊張してひどいコリが続くと頭痛が起こりやすくなります。普段から肩を動かして筋肉をほぐしておけば、片頭痛になりにくくなります。ただし、頭痛が起こっている間に体操をすると余計悪化することもあるので、痛みがないときにしてください」

どうしても痛みが耐えられないときは、『トリプタン』という片頭痛専用の治療薬もあるようですが、対症療法にすぎず頭痛を根本的に治すことはできないとのこと。この時期、片頭痛持ちの人は特に事前の体操をしておいた方がよさそうです。

2013年6月22日 (土)

末期がん激痛の原因突き止めた…福岡大チーム

読売新聞 6月22日(土)7時56分配信

 末期がんなどの際に神経が傷ついて起きる「神経障害性疼痛(とうつう)」という激痛の原因を動物実験で突き止めたと、福岡大学の高野行夫教授(薬理学)らが英科学誌電子版に21日発表した。

 脊髄で「CCL―1」というたんぱく質が増えるのが原因だという。この疼痛にはモルヒネなどの鎮痛剤が効きにくいが、新たな治療法につながると期待される。

 マウスの座骨神経を縛って激痛を再現したところ、脊髄のCCL―1が通常の2倍に増加した。また、正常なマウスの脊髄にCCL―1を注射すると、通常は激痛を感じた時に示す動作を、少しの刺激でも見せるようになった。

 一方、CCL―1の働きを妨げる物質をあらかじめ注射しておくと、激痛を感じなくなる予防効果があることも確認した。

2013年6月21日 (金)

筋ジストロフィー症状の原因物質を発見 神戸大

産経新聞 6月21日(金)10時1分配信

 筋肉が徐々に衰える筋ジストロフィーの発症に、細胞内にあり、発汗のコントロールなど体内でさまざまな働きをする生理活性物質「プロスタグランディン」がかかわっていることを、神戸大大学院の竹島泰弘特命教授(小児科学)らの研究グループが発見し20日、発表した。オランダの医学雑誌「クリニカ・シミカ・アクタ」に掲載された。

 竹島特命教授は「プロスタグランディンによる炎症を抑える薬剤は多く存在しており、筋ジスの治療に役立つ可能性がある」と話している。

 筋ジスは遺伝子異常で筋力が低下する病気で、幼児期に発症。筋細胞の壊死(えし)と再生を繰り返して筋肉の萎縮(いしゅく)が進むが、発症の仕組みは十分に分かっていない。

 プロスタグランディンは血圧を安定させるなど多岐にわたる役割があり、筋肉の炎症や発熱にもかかわっている。研究グループが4~15歳の患者と健常者で、尿に含まれるプロスタグランディンの代謝物質を測定した結果、患者の代謝物質が増加し、歩行障害が進行する8歳以降で特に増えたという。

2013年6月19日 (水)

介護で「抱え上げ」やめて=腰痛予防指針を改定―厚労省

時事通信 6月18日(火)18時58分配信

 厚生労働省は18日、介護現場などで腰痛に悩む介護士らが増加していることを受け、「職場における腰痛予防対策指針」を19年ぶりに改定した。高齢者らを介助する際、抱え上げると腰に大きな負担がかかるため、「原則として人力による抱え上げは行わせない」と新たに明記。リフトなどの福祉機器を使用し、やむを得ない場合は、2人以上で行うよう求めた。 

なんと短絡的な。。。

現場で働く職員さん達の体の悩み、一番は腰痛ではないでしょうか。

このようなお達しだけで、人手不足によるオーバーワーク等、もう少し根本的部分の支援・改善がなされなければ、介護の現場を支えるマンパワーへの疲労・負担は変わらないのかと。

益々の高齢化社会。

後手を踏まないよう、現場への手厚い支援を願いたいものです。

2013年6月13日 (木)

手軽な「癒やし」急増

 「マッサージでない」 リラクセーション200店超 石川県内

北國新聞社 6月12日(水)15時16分配信

手軽な「癒やし」急増 「マッサージでない」 リラクセーション200店超 石川県内

リラクセーションサロンで利用客の体をほぐすスタッフ=金沢市内

 疲労回復などをアピールし、肩や手足をもむ「リラクセーションサロン」が石川県内で急増している。健康や癒やしへの関心の高まりを背景に、手頃な料金や気軽さが人気を集めている。一方で公的な資格などは不要なことから、国家資格を持つあん摩マッサージ指圧師などの業界団体は「施術の安全が確保できない」と訴え、法的な定義付けを求めている。

 リラクセーションサロンは「治療などを目的とするマッサージ」は提供できない。県によると、医療行為のマッサージでなければ国家資格は不要となり、県内では現在、200店以上が営業する。

 金沢市郊外にあるサロンでは「55分2980円」「10分1千円」と売り込む看板が並ぶ。音楽が流れる店内で、スタッフが客の希望に応じて気になる部位をもみほぐす。

 月に1、2回利用する市内の主婦(54)は「接客が丁寧で、ストレス解消や気分転換になる」と話した。男性店長は「スマートフォンやパソコンの影響からか、肩凝りや頭痛を訴える人が多い」と需要増の背景を分析。サービス内容は全身をもむ「ボディーケア」や足裏などを押す「リフレクソロジー」など店ごとにさまざまだ。

 一方、県消費者生活支援センターには昨年度、サロン利用者から「体がだるくなり、しびれが残った」などの相談が4件寄せられた。有資格者の県鍼灸マッサージ師会の常盤和成会長(54)は「安全を確保するには法規制が必要」と訴える。規制強化を求めているが、県は「健康被害がなければ指導の対象にならない」(医療対策課)という。

 サロンを10店舗運営する野々市市の事業所担当者は「マッサージではなく癒やしを提供しており、人気は高まっている」と話す。白山市内で店を営むあん摩マッサージ指圧師の男性は「サロンの出店がこれ以上続けば価格破壊が起きる」と話している。

北國新聞社

2013年6月11日 (火)

鍼の紹介

我々鍼灸師がどんなに鍼灸がいい治療だと思っていても、ご存知のない方々や鍼は怖い・痛いといったイメージをお持ちの方が大多数かと。。。

そこで今日は簡単に鍼の紹介です。

Nec_0009

パッケージもお洒落です。

中身を空けますと。

Nec_0007

2013年6月 8日 (土)

炭の家?オープンハウスにお邪魔してきました。

ご近所さんに完成した炭の家。三和建設さんのオープンハウスにお邪魔してきました。
Nec_0872_2Nec_0863_2

1370662914190_2Nec_0867                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

気になる炭のお話から、地震対策まで。
じっくりお話を伺ってきました。
やはり新築のお家は気持ちがいいですね。羨ましい~。
楽しい時間を過ごせました。三和さんありがとうございました^^
 

2013年6月 7日 (金)

赤ちゃん 人見知りはなぜおこる?

赤ちゃんの人見知り行動は「近づきたいけど怖い」という心の葛藤がもとになっている--。東京大、京都大、同志社大などの研究グループが6日、赤ちゃんの視線の動きを計測する実験からこんな推論を導いたと発表した。1歳未満の赤ちゃんでも相反する感情の間で心が揺れ動くことが分かったという。米オンライン科学誌「プロスワン」に掲載された。

 グループは、生後7~12カ月の赤ちゃん57人を、母親へのアンケート結果から人見知りが強いグループ(24人)と弱いグループ(33人)に分けた。女性がほほ笑えんでいる映像を見せ、近赤外線を使った視線計測装置で目、鼻、口に視線を止めた時間の割合を調べた。その結果、人見知りの弱いグループが目を見る割合は平均約10%だったのに、強いグループは同約20%で、相手の目を見つめようとする傾向があった。

 次に視線を正面に向けている女性の映像と顔を斜めに向けている女性の映像を並べ、赤ちゃんが視線を向けた時間の割合を調べた。弱いグループは「正面」と「斜め」の割合が5対4だったのに対し、強いグループは逆に4対5となり、自分を見ている相手から目をそらし、別の方向を見ている人をよく観察していた。

 グループの同志社大の松田佳尚特任准教授(発達心理学)は「人見知りの背景には、相手に近づきたくて目を凝視しつつも、相手から見られ続けると目をそらしてしまうという心の動きがあると考えられる」と話している。【五十嵐和大】

あかちゃん 

赤ちゃんの人見知り行動は「近づきたいけど怖い」という心の葛藤がもとになっている--。東京大、京都大、同志社大などの研究グループが6日、赤ちゃんの視線の動きを計測する実験からこんな推論を導いたと発表した。1歳未満の赤ちゃんでも相反する感情の間で心が揺れ動くことが分かったという。米オンライン科学誌「プロスワン」に掲載された。

 グループは、生後7~12カ月の赤ちゃん57人を、母親へのアンケート結果から人見知りが強いグループ(24人)と弱いグループ(33人)に分けた。女性がほほ笑えんでいる映像を見せ、近赤外線を使った視線計測装置で目、鼻、口に視線を止めた時間の割合を調べた。その結果、人見知りの弱いグループが目を見る割合は平均約10%だったのに、強いグループは同約20%で、相手の目を見つめようとする傾向があった。

 次に視線を正面に向けている女性の映像と顔を斜めに向けている女性の映像を並べ、赤ちゃんが視線を向けた時間の割合を調べた。弱いグループは「正面」と「斜め」の割合が5対4だったのに対し、強いグループは逆に4対5となり、自分を見ている相手から目をそらし、別の方向を見ている人をよく観察していた。

 グループの同志社大の松田佳尚特任准教授(発達心理学)は「人見知りの背景には、相手に近づきたくて目を凝視しつつも、相手から見られ続けると目をそらしてしまうという心の動きがあると考えられる」と話している。【五十嵐和大】

2013年6月 5日 (水)

利楽 夜間のライトアップ

ライトアップしてみました☆Nec_0843_3

利楽 外観

利楽・外壁を塗装しイメージチェンジ致しました。

少し冒険し従来の白から、オレンジピンクに。。。
患者さんから「アピタさんから目立つ様になったね」との声もちらほらいただいております^^
今回は、塗装の施工法やカラーのアドバイスなど、伊東は塗料屋さんの老舗、下田塗料さんにお世話になりました。親切な導きで素人の私でも自己満足な仕上がりに。
 
まだ残りがありますが、また下田さんお世話になりますね^^

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »