« 介護で「抱え上げ」やめて=腰痛予防指針を改定―厚労省 | トップページ | 末期がん激痛の原因突き止めた…福岡大チーム »

2013年6月21日 (金)

筋ジストロフィー症状の原因物質を発見 神戸大

産経新聞 6月21日(金)10時1分配信

 筋肉が徐々に衰える筋ジストロフィーの発症に、細胞内にあり、発汗のコントロールなど体内でさまざまな働きをする生理活性物質「プロスタグランディン」がかかわっていることを、神戸大大学院の竹島泰弘特命教授(小児科学)らの研究グループが発見し20日、発表した。オランダの医学雑誌「クリニカ・シミカ・アクタ」に掲載された。

 竹島特命教授は「プロスタグランディンによる炎症を抑える薬剤は多く存在しており、筋ジスの治療に役立つ可能性がある」と話している。

 筋ジスは遺伝子異常で筋力が低下する病気で、幼児期に発症。筋細胞の壊死(えし)と再生を繰り返して筋肉の萎縮(いしゅく)が進むが、発症の仕組みは十分に分かっていない。

 プロスタグランディンは血圧を安定させるなど多岐にわたる役割があり、筋肉の炎症や発熱にもかかわっている。研究グループが4~15歳の患者と健常者で、尿に含まれるプロスタグランディンの代謝物質を測定した結果、患者の代謝物質が増加し、歩行障害が進行する8歳以降で特に増えたという。

« 介護で「抱え上げ」やめて=腰痛予防指針を改定―厚労省 | トップページ | 末期がん激痛の原因突き止めた…福岡大チーム »

健康関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503573/57636807

この記事へのトラックバック一覧です: 筋ジストロフィー症状の原因物質を発見 神戸大:

« 介護で「抱え上げ」やめて=腰痛予防指針を改定―厚労省 | トップページ | 末期がん激痛の原因突き止めた…福岡大チーム »