« 夏のぎっくり腰 | トップページ | 伊豆 伊東 利楽の美顔鍼 美容鍼 »

2013年8月24日 (土)

介護保険「要支援」、値段や内容は市町村裁量に 厚労省

介護保険「要支援」、値段や内容は市町村裁量に 厚労省

朝日新聞デジタル 8月24日(土)13時53分配信

 【有近隆史】厚生労働省は23日、介護保険の「要支援」向けサービスを2015年度以降、市町村の事業に移す改革案の詳細を明らかにした。提供するサービス内容や価格、利用者の負担割合を、市町村の裁量で決められるようにするのが柱。介護事業者のほか、ボランティアやNPOなども担い手にして、コスト削減をはかる。

 要支援向けサービスの移管は、今月上旬に政府の社会保障国民会議が提言した社会保障改革の柱の一つ。高齢化に伴い介護費用が膨らむペースを抑えるねらいだ。厚労省は国民会議の報告書をもとに具体的な見直し案をまとめた。近く社会保障審議会に示し、制度づくりを本格化させる。

 要支援は、介護が必要な度合いに応じた7段階の区分のうち比較的軽い二つの区分で、150万人余りが認定されている。サービスは掃除や入浴の介助など身の回りの世話やリハビリが中心で、11年度は約4500億円の費用がかかった。

« 夏のぎっくり腰 | トップページ | 伊豆 伊東 利楽の美顔鍼 美容鍼 »

健康関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503573/58055431

この記事へのトラックバック一覧です: 介護保険「要支援」、値段や内容は市町村裁量に 厚労省:

« 夏のぎっくり腰 | トップページ | 伊豆 伊東 利楽の美顔鍼 美容鍼 »