« | トップページ | 朝に多い心筋梗塞、睡眠時無呼吸症候群が関係か »

2013年9月20日 (金)

救急患者断らない病院、全国100か所整備へ

読売新聞 9月20日(金)11時41分配信

 厚生労働省は、どんな場合でも救急患者を必ず受け入れるモデル病院を全国に100か所程度整備する方針を決めた。

 救急搬送される患者は、高齢化などにより、増加傾向にある。だが、医師などのスタッフや病床の不足などを理由に、医療機関から受け入れを断られるケースが少なくない。

 こうした事態を解消するため、同省は、手術や入院が必要な患者を受け入れる「2次救急医療機関」を対象に、救急患者の受け入れを断らない施設を整備する。来年度の概算要求に20億円程度盛り込み、病床の確保などに充てる計画だ。

 100か所の医療機関では、長時間にわたって搬送先が決まらない患者を一時的であっても必ず受け入れる。そのまま治療を継続するのが困難な場合は、新たな受け入れ先を探す役割も担う。

« | トップページ | 朝に多い心筋梗塞、睡眠時無呼吸症候群が関係か »

健康関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503573/58231313

この記事へのトラックバック一覧です: 救急患者断らない病院、全国100か所整備へ:

« | トップページ | 朝に多い心筋梗塞、睡眠時無呼吸症候群が関係か »