« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月30日 (水)

利楽 場所 行き方 地図

隠れ家すぎてすみません。

利楽への行き方を検索の場合は、Google マップ - 地図検索がお勧めです。
ヤフー等の検索欄に地図と打ち込むと Google マップ が表示されると思います。
次にGoogle マップの検索欄に「利楽」と打ち込み、検索するだけで表示されます。
私も驚きましたが、ストリートビューでの3D画像でもご確認いただけます。
リアルに実写なのでイメージが掴みやすいです。
お手間ではございますが、利楽探しに迷われたら是非お試し下さい。
 
              ☟こちらになります☟

2013年10月27日 (日)

肘の痛みに ゴルフ肘 テニス肘 野球肘 上腕骨内側上顆炎

肘の痛みの施術をご紹介します。
一般的には、繰り返し作業(雑巾を絞るような肘を捻る動き)やスポーツ(グリップを握るスポーツに多くみられます。テニスは外側・ゴルフは内側に起こりやすい)に於ける、肘の関節を反復使用することで肘の周囲の筋肉が疲労を起こし酷い場合、炎症を起こすことで現れる痛みです。
炎症とは患部を中心に「「疼痛・発熱・発赤・腫脹」」といった状態が現れます。
炎症が確認されなければ、鎮痛作用の高いパルス療法を行います。
10分ほど行ったのちに、一度肘を動かしてもらい痛みの位置を再現・確認します。
見つかった痛みのポイントに皮内鍼を添えます。
最後に痛みのある肘の内側(上腕骨内側上)から斜めに上腕筋に沿ってキネシオテープを貼り付けます。
痛みのポイントをしっかり見つけてあげることで、しっかり術後の変化を感じていただけると思います。Hiji03
Elbow_3
Img_20131027_165743853_2
キネシオテープ貼り付け図

Img_20131027_165846637_1_2

Img_20131027_165710617

2013年10月18日 (金)

耳つぼ 訪問施術にお邪魔して参りました。 

本日は明治安田生命さんより耳ツボ施療のご依頼を頂戴しお邪魔して参りました。

少しでも、耳つぼの効果を実感していただける様に、前日に作成した症状別チャートから気になる症状をチョイスしていただき施術しました。

気になる症状は皆さんそれぞれで、普段は見せないお身体の悩みをお互いに出し合い話のタネに。


和気あいあいの中、あっと言う間の二時間半でした。

また自分自身大いなる勉強をさせていただきました。

一人当たりの施術時間もじっくりとはいきませんでしたが、今回の施術により皆さんそれぞれが抱えるお辛い症状が少しでも緩解出来れば嬉しく思います。

最後は皆さんから最高の笑顔をいただき会社を後にしました♪

契約者さんの笑顔を守るライフプランナーというお仕事。

これからも皆さん自身が健康で、お客様を支えていっていただきたいと思います。

本日は楽しいお時間、ありがとうございました。


13819818472971381981931934

2013年10月16日 (水)

あなたは大丈夫ですか?「かくれ不眠」

「かくれ不眠」の原因は中途覚醒にあり

@DIME 10月16日(水)9時10分配信

 杏林大学医学部精神神経科教授の古賀良彦を中心とする『睡眠改善委員会』は、家庭用睡眠計を用いて睡眠を計測することにより、中途覚醒と「かくれ不眠」5タイプの関係を調査した。
同委員会では、睡眠自体を軽視している人や不眠症の専門治療までは要しないものの、一時的な不眠症状が現われていたり、睡眠に対して悩みをもちながらも、周囲に相談できずに抱え込んでいる人を「かくれ不眠」と命名しており、「かくれ不眠」は、症状や生活習慣に応じて5つのタイプに分類されることが分かっている。

■重度の「かくれ不眠」の原因は中途覚醒にあった!

 かくれ不眠5タイプの中でも「自分は大丈夫タイプ」「高ストレスタイプ」は、最も本格的な不眠症に近い重度のかくれ不眠ということが分かっていたが、今回の調査により、両タイプは、睡眠途中で目が覚める「中途覚醒」の回数が多く、時間も長いということが判明した。特に「自分は大丈夫タイプ」は10分以上無体動な状態が続く「ぐっすり睡眠時間」も極端に短いということが分かった。調査の結果から、特に重度のかくれ不眠は中途覚醒に原因がある可能性が高いということが明らかになった。

■「中途覚醒」によるかくれ不眠はビジネスにおいても弊害が・・・

 中途覚醒に起因する可能性が高い「自分は大丈夫タイプ」「高ストレスタイプ」のかくれ不眠は、ビジネスシーンにおいても多くの弊害をもたらしている。2013年2月に実施された勤労者における睡眠に関する調査によると、「高ストレスタイプ」では、「全般的に、仕事への意欲が下がった」また、「難しい仕事に取り組もうという意志が弱くなった」と回答した人が共に50%強もおり、モチベーションの低下が顕著な他、転職・退職意向も目立った。

 また、「新しいアイデアや工夫が思いつかない」「以前なら、なんでもなくできた事が難しい」など、仕事の遂行能力が低下するほか、外出が億劫、生活上の諸活動に対する意欲低下などの傾向は、「自分は大丈夫」タイプで最も顕著に表れ、人と話すのが煩わしい、怒りっぽくなったなど普段のコミュニケーションへの影響も出ている(※20~64歳の勤労者を対象としたインターネット調査結果)

■中途覚醒によるかくれ不眠を改善してビジネスパフォーマンスアップには!?

 睡眠改善委員会では、本調査結果より、睡眠計等を活用し自身の睡眠を測ることで睡眠トラブルの原因を探ることを提案している。もしも「中途覚醒」または「ぐっすり睡眠」が平均より劣る場合は、「自分は大丈夫タイプ」または「高ストレスタイプ」である可能性が高く、薬局で購入可能な睡眠改善薬を使用するセルフメディケーションによる対処が推進される。上記に当てはまらない人は、自分なりの入眠儀式の実践、意識改善、日常生活に運動を取り入れる等、日頃の行動にセルフケアを取り入れることで、ある程度の改善が見込まれるという。同委員会では、睡眠計などを活用し「客観的に自分の睡眠を測る」ことで、自身の睡眠状態を認識し、状態や程度に応じた個々のスリープマネジメントに取り組むことを推奨している。

<調査概要>
○調査対象と回収サンプル数:登録会員男女134名
※かくれ不眠者:12のかくれ不眠チェック項目に一つでも該当する人
○調査方法:登録会員を対象としたモニタ調査結果調査(オムロンヘルスケア「ウエルネスリンク(現:わたしムーブ)」会員活用)
○補足:オムロンヘルスケア「ウエルネスリンク」会員のうち、睡眠データ計測対象者全2,451名に配信し621名のアクセスを獲得。『睡眠計測データ』対象期間は、2012年9月2日~2013年3月31日まで(2012年12月23日~2013年1月6日の年末年始期間を除く)。その内、2012年12月2日~12月15日の連続データが揃っているもの、それがない場合は上記期間に近い連続データを得られるものを優先して134名分(年齢ウエイト補正)を標本として設定。

<かくれ不眠とは>
睡眠改善委員会により命名された呼称で、以下の条件に当てはまる状態を指す(単なる寝不足とは異なる)。
●専門治療が必要ではない
●軽度かつ短期的な不眠症状がある
● 睡眠の悩みを抱えている
●良い睡眠への積極的な対処を行っていない
現代社会が抱える仕事・人間関係のさまざまなストレスなどにより、このような状態を持つ人は潜在的に多いと考えられていたが、調査の結果、20~40代の約8割が「かくれ不眠」に該当することがわかった。

<かくれ不眠5タイプ>
約4万5千人におよぶ生活者の「かくれ不眠」チェックシート(全12項目)のチェック数及びチェック項目から特定された5つのタイプ。
■「生活不規則」タイプ
日常の生活やお仕事で生活パターンが不規則になり睡眠が削られている・・・というかくれ不眠のタイプ
■「自分は大丈夫」タイプ
睡眠環境の上で、実は多くの問題をかかえており、本格的な「不眠症」に最も近いかくれ不眠のタイプ
■「高ストレス」タイプ
不十分な睡眠(量と質)によって、さまざまなストレスが顕在化している恐れのある、かくれ不眠のタイプ
■「眠りが浅い」タイプ
眠っていても「眠りが浅い」ために、良質な睡眠とはなっていない、かくれ不眠のタイプ
■「初期かくれ不眠」タイプ
睡眠について何らかの悩みを持ち、今後本格的なかくれ不眠に陥る心配があるかくれ不眠のタイプ

2013年10月15日 (火)

本当は困っていても否定 認知症のサインとは?〈週刊朝日〉

dot. 10月15日(火)11時36分配信

 記憶力や判断力が低下する認知症の診断はどのようにおこなわれるのか。群馬大学大学院保健学研究科教授の山口晴保医師に聞いた。

*  *  *
 認知症かどうかを診断し、認知症だとわかれば、その原因が何かを見つける。それが鑑別診断です。

 認知症のような病状でも、実際にはうつ病や総合失調症などの精神疾患だったり、甲状腺機能低下症や糖尿病といった病気によって認知機能が悪くなっていたりする場合もあります。「良くなる病気」かどうかを見分けることが、まず大切です。

 認知機能を測るには、MMSE(ミニメンタルステート検査)や長谷川式といった簡易知能検査が有効です。テストの結果で、認知症の進行状況を概ね予測できます。必要があればMRI(磁気共鳴断層撮影)やSPECT(脳の血流の状況を詳しく調べる検査)などの検査を実施し、診断を確定させます。

 しかし、認知症を数多く診ている医師なら、問診でおおよその診断がつきます。

 たとえば、家族が困って受診してきたケースで、患者さんに「何か困ることはありませんか?」と聞きます。それに対し「何も困っていない。連れてこられた」と答えれば、かなりの確立でアルツハイマー型認知症です。本当は困っていても、人前では「困らない」と取り繕うのがアルツハイマー型の特徴です。年齢を聞くと「私いくつだっけ?」と振り向き、連れてきた家族に質問する「振り向き兆候」も認知症のサインです。

 診察室に入ってからの歩き方、声の明るさ、しゃべるスピードなどは、すべて認知症の原因を推測するのに役立ちます。これが実践的な医療と言えるでしょう。

 厚生労働省は、モデル事業として「認知症初期集中支援チーム」という取り組みをスタートさせました。認知症状によって日常生活に支障が出ているにもかかわらず、医療や適切な介護を受けていない人の自宅を作業療法士や看護師らが訪問し、それらのサービスにつなげていくものです。国は、認知症の早期診断、早期対応を促進しています。

 早期発見には進行を遅らせられるというメリットがありますが、根本的な治療薬がない今、早期発見が「早期絶望」につながるというデメリットもあります。

 一方、「怒りやすい」「夜中に活動する」などの、家族が困っている症状は、適切なケア指導で良くなります。家族が「困った」と感じたら、早めに専門医を受診するようにしましょう。

※週刊朝日 2013年10月18日号

がん細胞、分裂止める薬=実用化に期待―研究会と理研

時事通信 10月15日(火)6時7分配信

 がん細胞が分裂・増殖するのに不可欠な遺伝子の働きを妨げる薬剤を開発したと、がん研究会と理化学研究所の研究チームが米がん専門誌オンコジーン電子版に発表した。ヒトのがん細胞をマウスに移植し、この薬剤を飲ませたところ、がん細胞だけ分裂・増殖を抑えることができた。新たな抗がん剤になる可能性があるという。
 がん細胞は正常な細胞より盛んに分裂、増殖する。細胞が分裂する際には、DNAが集まった染色体が複製され、二つに均等に分配される必要がある。
 がん研究会の八尾良治主任研究員らは、この複製された染色体を引き離す「微小管」を制御する遺伝子「TACC3」に注目。この遺伝子の働きを妨げると、微小管の配置が乱れ、細胞分裂が止まることが分かった。
 6800種類の化合物の中から有力な薬剤候補を探し出し、濃度が低くても効くよう改良して薬剤「SPL」を開発した。 

2013年10月14日 (月)

「五輪世代」の体力上向き、高齢者は過去最高

読売新聞 10月13日(日)21時56分配信

「五輪世代」の体力上向き、高齢者は過去最高

読売新聞

 文部科学省は13日、「体育の日」を前に2012年度の体力・運動能力調査の結果を公表した。70歳以上の体力は過去最高。

 2020年東京五輪・パラリンピックを担う小中高校生は緩やかな向上傾向が見られた。

 調査は、昨年5~10月に実施。6~79歳の男女6万6380人が回答した。現行のテスト項目での調査としては15回目。

 成人の体力は30歳代男性と、20、30歳代女性で低下傾向にあるが、50歳代以上は男女とも向上傾向にある。特に「握力」「上体起こし」など7項目について5歳刻みでまとめた65~79歳の高齢者のテスト結果は、男女とも前年を上回る項目が多く、65~69歳女性を除き、合計点は過去最高だった。

 調査に関わった順天堂大の内藤久士教授(運動生理学)は「高齢者世代は、スポーツクラブへの所属率も比較的高い。近年の健康志向も体力向上につながっている」と分析している。

 一方、小中高校生のテスト合計点は、各世代男女とも、過去15年間で3位以内に入り、向上傾向が続いている。中学生男子の「50メートル走」「ハンドボール投げ」、高校生男子「50メートル走」は、1985年頃の体力のピーク時の結果を上回ったが、ほかは届いていない。

最終更新:10月14日(月)0時2分

読売新聞

 

2013年10月 4日 (金)

肺気腫の発症メカニズム解明 近畿大などのチーム 治療薬開発に期待

産経新聞 10月4日(金)10時20分配信

肺気腫の発症メカニズム解明 近畿大などのチーム 治療薬開発に期待

肺気腫の発症メカニズム(写真:産経新聞)

 喫煙が招く肺の代表的な疾患、肺気腫の詳細な発症メカニズムを近畿大と広島大などのチームが解明し、3日付の英医学誌「ソラックス」電子版に掲載された。肺気腫は現在、根治治療法がなく、近大医学部の伊藤彰彦特任教授は「肺気腫に特化した治療薬の開発が可能になる」と話している。

 肺気腫は、血液中に酸素を取り込む肺胞が破壊され、呼吸が難しくなる病気で、発症すれば慢性的な息切れや呼吸不全を引き起こす。たばこの煙に含まれる有害物質が肺胞の細胞を破壊する原因の一つで、関連疾患を含めた患者数は国内で500万人を超えると推計される。

 今回の研究で、チームは肺気腫の患者とそうでない人の肺組織を比較。肺胞を覆う肺胞上皮細胞で、細胞をつなぐタンパク質の接着分子がたばこの有害物質で活性化した分解酵素によって切断されることが明らかになった。さらに切断されたタンパク質の破片が肺胞上皮細胞内のミトコンドリアに集積し、細胞が死滅するきっかけになっていた。

 チームは肺胞上皮細胞の死滅を抑制することで、肺気腫の発症が予防できるか、今後動物実験などで検証する方針。伊藤特任教授は「今回の研究結果により、タンパク質を切断する酵素の働きを抑える薬の開発が進む可能性がある」としている。

2013年10月 2日 (水)

増える「尿路結石」 男性は働き盛りの世代、女性は50代以降

産経新聞 10月2日(水)8時0分配信

増える「尿路結石」 男性は働き盛りの世代、女性は50代以降

働き盛りの男性に多い尿路結石。夜遅くまでの飲食は要注意だ (本文とは関係ありません)(写真:産経新聞)

 突然の激痛で気づくことが多い尿路結石。患者は40年前の3倍に上り、男性は働き盛りの世代に、女性は50代以降にそれぞれ多い疾患だ。以前に比べ、治療の選択肢が増え、結石の大きさによっては日帰り治療も可能となっている。患者増加は食事の欧米化が関連しているとされ、予防や再発防止に食生活の改善などが重要だ。(平沢裕子)

 ◆男性は7人に1人

 尿路結石は、腎臓から尿道までの尿路に結石ができる病気。石ができる場所によって血尿や激しい痛みなどの症状が現れるが、石が大きくても無症状の人もいる。10万人当たりの患者数が、昭和40年の44人から平成17年は134人と3倍に増加。男性は30~50代、女性は50代以降に多い。男性は7人に1人、女性は15人に1人が生涯のうちにそれぞれ一度はかかるとされる。

 国際医療福祉大三田病院泌尿器科の荒川孝部長は「CT(コンピューター断層撮影装置)検査など診断技術の向上もあり、単純に比較はできないが、特にこの10年で患者が急増している。背景に食事の欧米化があるが、働き盛りの男性は肉食や飲酒量が多いことも関係しているのではないか」と指摘する。

 石の成分は、シュウ酸カルシウムやリン酸カルシウム、尿酸など。動物性タンパク質や脂肪、塩分、糖分を取り過ぎると結石ができやすいとされ、尿酸値を上げるプリン体の多い食生活も問題だ。

 治療は、結石の場所と大きさによって異なる。11年ぶりに改訂された「尿路結石症診療ガイドライン」(金原出版)によると、結石の大きさが10ミリ未満の場合、体の外から結石に衝撃波を照射するESWL(体外衝撃波結石破砕術)という方法が勧められる。石を細かく砕いて自然に石を排出させる方法で、麻酔がいらず、外来治療が可能だ。

 10ミリを超える場合、ESWLに加え、膀胱(ぼうこう)側から内視鏡を尿管に挿入し、レーザーで結石を破砕する経尿道的結石破砕術という方法が推奨される。これは麻酔が必要で入院での治療となる。

 ◆メタボの前触れ?

 結石が大きい場合、かつては開腹手術しか治療法がなかった。それだけに、体への負担が少ない治療法の普及は患者にとってメリットだが、一方で再発予防への取り組みが軽んじられてきたとの声もある。治療した患者の約半数が5年以内に再発しているためだ。

 「尿路結石は生活習慣と関連している。再発は、石が出たことに安心して治療前と同じ生活習慣を続けることによるともいえる。再発防止に食生活の改善など生活習慣の見直しは不可欠」と荒川部長は話す。

 30代など若い世代の尿路結石の発症は、将来、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)を発症する警鐘ともいわれ、再発予防にしっかり取り組むことが求められる。

 尿路結石を放置すると、最悪の場合、腎臓摘出もありうる。健康診断などで結石を指摘された人は痛みがなくても1度医療機関で受診し、腎機能の状態をチェックすると安心だ。

 ◆水分摂取は1日2リットル以上

 再発予防に有効とされるのは水分摂取。ガイドラインでは、食事以外に1日2リットル以上の水分を取るように勧めている。肉ばかりの偏った食事はやめ、塩分は控えめに。夕食は、就寝時間の4時間前に食べ終えるように工夫する。プリン体の多い食品も食べ過ぎない。

 シュウ酸の多い食事や飲料の取り過ぎも問題。ただ、シュウ酸の多いホウレンソウやタケノコなどの野菜は、ゆでることでシュウ酸が減る。毎食食べるのでなければ気にする必要はない。お茶や紅茶、コーヒーもシュウ酸が多い。カルシウムと一緒に摂取すると、腸内でシュウ酸とカルシウムが結合し便として排出されるので、低脂肪乳と合わせて飲むのがおすすめ。

2013年10月 1日 (火)

「事故る」と任意保険も高くつく ! 10月に新等級制度移行 !

clicccar 10月1日(火)8時14分配信

写真を拡大 写真を拡大

「事故る」と任意保険も高くつく ! 10月に新等級制度移行 !
最善の策は?

先日お伝えしたとおり、今年の10月から自動車任意保険の等級制度が改定されます。

自動車保険は国内損保事業収入の半分を占める中核分野となっていますが、若者のクルマ離れによる収入減や高齢者の事故増加等で支出が増え、2008年度以降赤字経営が続いており、今回の制度改定で事業の黒字化を目指そうという訳です。

画像を表示

各保険会社を統括する「損害保険料率算出機構」が考えたのが等級制度の内容見直し。 従来は事故の有無に拘わらず、同じ割引率を適用していた為、契約者間の保険料負担に不公平が生じていたと言います。

前年度契約で「事故有り」の顧客が翌年以降に支払う保険料に不足分が生じているそうで、「事故無し」の顧客が不足分を肩代わりしている状況となっている模様。

今回の制度改定により、事故を起こして保険を使った顧客の保険料負担を重くして全体の整合を図ろうというシナリオです。



新制度では事故を起こして保険を使うと、現行制度同様に3等級下がるだけで無く、その後3年間は「事故有り」の割引率が適用され、保険料負担が大きくなります。

例えば、15等級の人が事故を起こした場合、翌年の等級は3等級下がって12等級になりますが、同じ12等級でも事故が無い場合の割引率は「48%」、一方、事故を起こした場合の割引率は「27%」といった具合。



その後3年間は、無事故でも事故有りの割引率で等級が推移、3年間事故が無ければ、4年後には再び無事故の15等級、つまり「51%」の割引率に戻ります。(1年間に複数回事故を起こした場合の事故有り係数適用期間は最大6年)



改定後の本則割引率を現行制度比で見ると、14等級を境に、それ以下の等級では「無事故割引率」が拡大されているものの、逆にそれ以上の等級では割引率が絞られている事が判ります。

また事故を起こした翌年からの「事故有割引率」は7~20等級に於いて現行制度比で3%から最大で19%と、軒並み大幅に減少しています。

これは勿論、等級別の保険加入者数分布や事故率との相関から保険会社の収支を考慮して割り出された数値と推測。

ちなみに継続契約の場合、2年間は経過措置期間中の割引率が適用されます。 制度移行後の無事故割引率が、現状よりも低くならないようにする為の処置で、3年目から新制度の割引率が適用される仕組み。

もう一つの制度変更点として、従来の「等級据え置き事故」扱いが無くなり、「1等級ダウン事故」が適用されます。(但し適用期間は1年)


 (出典 チューリッヒ保険)

盗難やいたずら等はドライバーの責任では無いものの、リスク実態と比べて保険料負担が少なすぎたことが新たな仕組み導入の理由のようです。

一方、保険を使っても事故としてカウントされない以下の「ノーカウント事故」が定義されています。

・人身傷害保険の事故
・無保険車傷害特約の事故
・搭乗者傷害特約の事故
・事故時代車費用特約の事故
・車両無過失事故に関する特約を適用した事故
・ロードアシスタンス特約の事故
・弁護士費用特約の事故
・個人賠償責任特約の事故
・ファミリーバイク特約(自損)の事故
・ファミリーバイク特約(人身)の事故

事故を起こした場合、保険料負担が年間で数万円アップするケースも発生する為、こうした事態から身を守る為には従来以上に安全運転に徹して、事故を起こさないようにすることが、最善の策になりそうです。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »