« 便秘症には合谷・三陰交・大腸兪 | トップページ | 河津桜 »

2014年3月 7日 (金)

「1日の糖類摂取はティースプーン6杯まで」、WHOが指針案

「1日の糖類摂取はティースプーン6杯まで」、WHOが指針案

ロイター 3月6日(木)16時40分配信

[ロンドン 5日 ロイター] -世界保健機関(WHO)は5日、体重の増加や虫歯など健康上のリスクを防ぐために1日に摂取する糖類をエネルギー摂取量全体の5%未満に抑えるべきだとする新たな指針の草案を明らかにした。

5%は平均的な成人で1日当たり約25グラム、ティースプーン6杯分の砂糖に相当するという。

WHOのディレクター、フランチェスコ・ブランカ氏は「現在、肥満の数は世界で5億人となっており、あらゆる年齢層で増加傾向にある。特に中低所得層で顕著だ」と指摘した。

WHOはこれまで糖類の1日の摂取量として、摂取カロリー全体の10%未満を強く推奨してきた。今回、この基準を維持しながら、さらに5%未満に減らすことを提案。

特に砂糖入り飲料の形で消費される糖類が、全般的なエネルギー摂取量を増大させ、十分な栄養を含む食品の摂取を減少させる可能性があることへの懸念が高まっているとしている。

« 便秘症には合谷・三陰交・大腸兪 | トップページ | 河津桜 »

健康関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503573/59249662

この記事へのトラックバック一覧です: 「1日の糖類摂取はティースプーン6杯まで」、WHOが指針案:

« 便秘症には合谷・三陰交・大腸兪 | トップページ | 河津桜 »