« 河津桜 | トップページ | <角膜症>培養内皮細胞の注入移植に治療効果 京都府立医大 »

2014年3月 8日 (土)

向精神薬の大量処方を制限へ、診療報酬を認めず

読売新聞 3月7日(金)17時35分配信

 厚生労働省は新年度から、抗不安薬や睡眠薬などの向精神薬を数多く処方した場合、診療報酬を原則認めない仕組みを導入することを決めた。

 薬物依存や重篤な副作用を防ぐ狙いがある。

 新ルールでは、外来診療で服薬管理などをする際、抗不安薬か睡眠薬を3種類以上、または、統合失調症の治療に使われる抗精神病薬か、抗うつ薬を4種類以上、1回で処方した場合、診療報酬を請求できなくし、処方箋料も減額する。

 また、入院患者に、副作用が少ないとされるタイプの抗精神病薬を処方する場合も、2種類までしか加算できないように改める。

 抗不安薬や睡眠薬としてよく使われるベンゾジアゼピン系の薬剤は、使用し続けると薬物依存になる危険性がある。

最終更新:3月7日(金)17時35分

読売新聞

 

« 河津桜 | トップページ | <角膜症>培養内皮細胞の注入移植に治療効果 京都府立医大 »

健康関連ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503573/59257834

この記事へのトラックバック一覧です: 向精神薬の大量処方を制限へ、診療報酬を認めず:

« 河津桜 | トップページ | <角膜症>培養内皮細胞の注入移植に治療効果 京都府立医大 »