« 利楽の想い | トップページ | ぎっくり腰 治療家の腰痛日記 7日目 吸玉療法 »

2014年5月20日 (火)

伊東市 利楽 その症状瘀血では?冷え性、肩凝りに吸玉カッピング療法 肩こり 鞭打ち むち打ち

メディカルカッピングで『瀉血』すると、毛細血管に滞る老廃物や二酸化炭素を含む『汚血』を短時間で除去することができます。飲酒や喫煙、不摂生をしている方の血はドロリと粘性が高く、それらが毛細血管の血流を妨げ、体内で不必要なゴミ捨てが正しくできていない状態。それが瀉血によって改善されると、体の末端まで酸素や栄養素が届き、細胞を活性化させるので体が若返ります」(武田安代先生) 月刊SPAより抜粋

------------------------------------------------------------
 
体内の血管の99%を占める毛細血管は、加齢により減少すると言われています。そのため中年になると血流が悪くなり、冷えやのぼせ、むくみの原因に。

更に酷い状態が重なり続けると高血圧を招き、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞のリスクが高くなるばかりか、臓器に十分な酸素、栄養が送れなくなると糖尿病や腎不全を引き起こすリスクも。

また、筋肉や靭帯、軟骨への血流が滞るり肩こりや腰痛の原因にも。

とにかく血流はすべての万病のもとに。

背中や足の毛細血管を、吸玉カッピングによって皮膚表面近くまで引き上げ、血流がよくなることはもちろんだが、自律神経のバランスを整えることで、慢性的な疲労や倦怠感、うつ気分などの改善にも効果があると言われています。

「車でたとえればエンジンオイル。日頃、しっかりとオイル交換をしている車はトラブルも少なく、長い年月元気に走ってくれるでしょう。これは人間も同じで体内を駆け巡る血液は、エンジンオイルに例える事が出来ると思います。

最近、こんな事はありませんか?

階段の上り下りがきつい

身体が重い。

寝つき、寝起きが悪い。

ここのところ疲れが抜けない。

とにかく元気が出ない。



等、昔はこんなはずじゃなかったと感じる人に特におすすめです。

ドロドロした血液よりも血管内をスムーズに流れる血液のほうがいいに決まってますよね。若返りや健康維持にお勧めする療法です。
 

« 利楽の想い | トップページ | ぎっくり腰 治療家の腰痛日記 7日目 吸玉療法 »

利楽より」カテゴリの記事

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503573/59673140

この記事へのトラックバック一覧です: 伊東市 利楽 その症状瘀血では?冷え性、肩凝りに吸玉カッピング療法 肩こり 鞭打ち むち打ち:

« 利楽の想い | トップページ | ぎっくり腰 治療家の腰痛日記 7日目 吸玉療法 »