« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月22日 (火)

下半身の冷えに梨状筋のマッサージ 殿中 環跳 胞膏 でんちゅう かんちょう ほうこう

1406119969530.jpg

下半身の冷えが気になる方。

その冷え、梨状筋に原因が!?

先日某健康番組での放送後、気になる方も多いのでは?
でも気になる梨状筋ってどこ?

是非、利楽にお尋ね下さい。


(最後に画像はワールドカップの決勝延長戦突入前の腓腹筋のマッサージ画です。まぎらわしくてすみません(^_^;))

下半身の冷え改善コース。
30分 3000円 
正しいツボの位置は、骨格・筋肉量・性別などで千差万別。
あなたのツボの位置をきっちりお教えします。
施術を通して「ソコだ!!^^」を味わった後は御自宅でゆっくり実践して下さい。
ツボ押しで感動を(^-^)
この季節、正しいツボ位置を知ることで基礎代謝もあがり痩せやすい身体にもなりますよ。

2014年7月21日 (月)

手のぬくもり 痴呆症症状の緩和へ。

痴呆症による徘徊や攻撃的な行動が周5回(20分前後)のマッサージを5週間行うことで7割もの方が症状改善されたそうです。

手のぬくもりによるリラックス効果が、興奮によっておこる情能行動を抑制してくれるそうです。

2014年7月16日 (水)

高齢者の熱中症 乾いてからでは遅いんです。

高齢者の熱中症 危険な「かくれ脱水」 30分で重症化 毎日新聞 7月16日(水)9時31分配信



<高齢者の熱中症>危険な「かくれ脱水」 30分で重症化 「暮らしの保健室」で開かれている熱中症の予防講座。

看護師(右)の説明に高齢者が熱心に耳を傾けていた=東京都新宿区で2日  もうすぐ夏本番。

熱中症で救急搬送される人は年々増え、ほぼ半数は65歳以上の高齢者が占める。
重症だと死に至ることもあるが、正しい知識を持てば事前に予防でき、適切な対処で症状も改善する。

今からできる対策は…。 【熱中症】倒れるまで気付かず アメフット中の高校生死亡  「夜寝ていて、汗をびっしょりかいてしまうのですが、水を飲んだ方がいいですか」  「あまり水分をとらない母に飲ませるための声がけの仕方は?」  

今月2日、東京・新宿の都営住宅「戸山ハイツ」の一角にある「暮らしの保健室」で「熱中症・脱水予防講座」が始まった。同団地は高齢化率40%を超える。
初日は団地や近所に暮らす高齢者約10人が参加し、看護師に熱心に質問をしていた。  

この保健室は、長年地域で訪問看護に取り組んできた「ケアーズ白十字訪問看護ステーション」が2011年に開設した。同時に予防講座も始め、医師や保健師などの専門家が熱中症になりやすい環境や身体状況、水分補給についてわかりやすく説明している。

室長の秋山正子さんは「講座を始めた頃は重症化する人が多かったが、最近は脱水状態に早めに気づき、対処するようになったので、病院に搬送される人が少なくなってきた」と話す。  

◇一気に重症化  東京都健康長寿医療センター研究所(板橋区)の「福祉と生活ケア研究チーム」の野本茂樹さんは「高齢者は熱中症になりやすく、重症化しやすいことを自覚し、夏を乗り切る工夫が必要」と話す。  

熱中症は3段階に分けられる。<1>の場合は涼しい場所に避難し、首筋や脇の下、太ももの付け根に冷たいペットボトルなどを当てて体を冷やし、スポーツドリンクなどで水分を補給する。<2><3>の状態になったら、速やかに救急車を呼んだ方がいいという。  

「高齢者は30分くらいで一気に軽症から重症化することがあるので、早めの対応が必要です」と野本さんはアドバイスする。  

なぜ、高齢者は熱中症になりやすいのか。主な理由として、老化に伴い、暑さや寒さを感じる皮膚のセンサーが鈍くなる

▽汗腺が萎縮し汗が出にくく体温調節がスムーズにできない

▽脳の深い部分にある浸透圧感受性が鈍感になり、喉の渇きを覚えにくくなる

▽体内の水分量が50%(新生児70%、成人60%)と少ない--などが挙げられる。  

予防するには、各自の自己管理が大切だ。温度計を見やすい場所に置き、28度を超えたら窓を全開にして風を通したり、扇風機やクーラーをつけたりして、28度以下に保つよう気をつける。また長袖、長ズボンの人は半袖、半ズボンに着替えて体温を下げるようにする。

 さらに欠かせないのが、こまめな水分補給。

水に砂糖、塩を入れた「経口補水液」なら、自分でも簡単に作ることができる。汗をかいた時はスポーツ飲料、あるいは0.
1~0.2%の食塩水などを飲み、運動、散歩、庭仕事などで外出する時や、入浴、就寝前にもコップ1杯の水を飲むよう心がける。  

◇常に体の状態意識  脱水症の予防法や対処の知識を知ってもらおうと、12年、医師や看護師など専門家9人が「教えて!『かくれ脱水』委員会」を設立した。「かくれ脱水」とは、体液の1~2%が失われ、脱水症の前段階になっているのに本人が気づかない状態だ。

同委員会が昨年5~8月、高齢者400人を対象に臨床研究を行ったところ、「かくれ脱水」は23%に上ったという。さらに、食生活や自覚症状、生活環境など6項目について聞き、かくれ脱水になりやすい人を診断するチェックシートを作成した。  

同委員会副委員長で神奈川県立保健福祉大教授の谷口英喜さんは、日常的に「かくれ脱水」状態になっている高齢者は多いと指摘する。
「規則正しい食事、十分な睡眠は熱中症対策の大前提。そのうえで、チェックシートで常に自分の体の状態を意識し、適切に水分をとるようにしてください」と話す。【小川節子】

2014年7月15日 (火)

ハン・ジナ&七瀬けい子 七夕コンサート IN伊東市観光会館

ハン・ジナ&七瀬けい子 七夕コンサートにお邪魔してきました。
こちらコンサートでの模様になります。

七瀬けい子オフィシャルブログ

2014年7月 6日 (日)

利楽です。LINEはじめました。 伊東マッサージ 肩こり ぎっくり腰 脳梗塞後遺症

お店のお得な情報や、健康に関する情報を配信予定です。
簡単な御予約もこちらから対応出来便利です。(返信に少々お時間頂戴致しますが(汗))
宜しければご登録宜しくお願い致します。

友だち追加数  

QRコImg_20140924_152123398_2 ード

2014年7月 1日 (火)

伊東マッサージ 揉み返さないマッサージ  利楽

ホームページより御越しください。

http://www4.tokai.or.jp/riraku/

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »