« <脳の劣化>「白質病変」あると 運転、まず右折苦手に | トップページ | 伊豆 伊東 マッサージ 鍼灸いやし処 利楽 揉み返しのないマッサージ »

2014年10月13日 (月)

運動会の疲労回復・辛い筋肉痛予防に 

秋の青空が気持ちいよい行楽のシーズンですね。秋は遠足や運動会が各地で開催される季節です。

翌朝辛い筋肉痛で身体が思うように動かない・・・。という苦い経験は誰でもある事かと。
そこで本日は運動会後の筋肉痛の回避と回復法についてお話します。
まずは、普段から気になるところのがある場合、保護サポートを意識したテーピングサポーターを使用し関節や筋肉の保護がおすすめです。
(痛みをかばいながら競技をすることで身体の乱れたバランスがよりマイナスに傾くことを予防できます。)
次に競技前の準備運動。呼吸を意識しながらゆっくり大きく筋肉を伸ばしましょう。痛みが出る場合は痛みが出ない範囲で動かし徐々に可動域を広げることが大切です。その時も呼吸を止めない様に。
せっかくの準備運動もキツ過ぎたり、無呼吸で行うと筋肉が硬くなり逆効果になります。
競技後もすぐに止まらず、軽くウォーキングをしてダウン。呼吸を整えましょう。(シェイクダウン)
筋肉に張りや痛みが感じられる場合、コールドスプレーにて患部をアイシングすることで、炎症や筋肉痛のリスクを軽減出来ます。
競技後なるべく早いアイシングがオススメ。
帰宅後は少し熱めの入浴にて筋温を上げることで疲労物質を早く送り出し、疲労を残しにくくします。また汗で出た水分の補給も忘れずに。
その際、ビタミンや電解質の含まれたスポーツ飲料もいいでしょう。
(睡眠前にも飲むことで夜中のこむら返りの予防にも)
そこで我々マッサージ師の出番です。
よくマッサージをうけたいが、いつ受けたらいいのかわからないと言う質問を受けます。
ずばりこのタイミングがオススメです。(ここでは理想のアフターケアを書いていますが勿論絶対ではありません。皆さんが自分のお身体に出来る事をしてもらえばいいのです。)
怪我や炎症が診受けられなければ、マッサージ施術により更なる血流促進をはかる事で翌日の筋肉痛リスクを最大限に軽減します。
なにより運動によって筋肉を動かした後のマッサージは身体(頑張ったあなた)にとって至福の時間になる事を利楽が保証いたします。
そしてここまでの準備が出来たら最も大切なの事をお教えします。
それは睡眠。
何故なら、運動により微細に傷ついた筋肉繊維・組織を回復する為に重要なのは睡眠中に分泌される成長ホルモンです。
せっかくの回復チャンスも寝不足ではその恩恵にあやかれません。
久しぶりの運動の後は、いつもより早く就寝し、筋肉の修復・再生に心掛けましょう。
それでも陥ってしまった筋肉痛。
そんなあなたは、日頃から軽い運動を心掛けることで、辛い筋肉痛に陥らない身体作りもも重要にしてください。

« <脳の劣化>「白質病変」あると 運転、まず右折苦手に | トップページ | 伊豆 伊東 マッサージ 鍼灸いやし処 利楽 揉み返しのないマッサージ »

利楽より」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/503573/60474691

この記事へのトラックバック一覧です: 運動会の疲労回復・辛い筋肉痛予防に :

« <脳の劣化>「白質病変」あると 運転、まず右折苦手に | トップページ | 伊豆 伊東 マッサージ 鍼灸いやし処 利楽 揉み返しのないマッサージ »