« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月 5日 (水)

過剰に摂取した脂肪はどこへ行くのか 鍵分子「ミンクル」解明

産経新聞 11月5日(水)9時1分配信

 ■将来の治療薬開発視野に

 毎日の食事で、過剰に摂取した脂肪はどこへ行くのか。メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の人の場合、内臓脂肪の量が限度を超えると、「ミンクル」という分子を介して脂肪組織の線維化が起こり、糖尿病など生活習慣病の原因につながる恐れがあることが日本発の研究で示された。脂肪組織の性質に焦点を当てた画期的な研究成果で、メタボの予防・改善に向けた治療薬の開発につながることが期待される。(大家俊夫)

 ◆マウスの実験で証明

 ミンクルの性質についてはこれまで、生体の感染防御に中心的な役割を果たすことが分かっていた。しかし、今回はミンクルを介して肥満の脂肪組織の線維化につながる別のメカニズムが解明された。研究したのは東京医科歯科大大学院医歯学総合研究科の菅波孝祥(たかよし)特任教授と小川佳宏教授のグループだ。同研究は9月、英国の科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」(電子版)に掲載された。

 実験では、肥満の内臓脂肪組織にあるミンクルを取り除いたマウスとそうでないマウスの2種類に高脂肪食を与えて太らせたところ、前者のマウスは後者に比べ、肝臓への脂肪蓄積や糖代謝異常(血糖値の異常)が軽減されたことが示された。

 この実験を踏まえて、「肥満の人の内臓脂肪の量が限度を超えると、ミンクルを介して脂肪組織の線維化が起こり、脂肪が肝臓に蓄積して脂肪肝になる。その結果、脂質代謝異常(コレステロール値の異常)などを経て、糖尿病になったり、非アルコール性脂肪肝炎(NASH)に発展したりする」というメカニズムを突き止めた。

 ◆負のサイクル防止

 メタボや肥満症の人は、ミンクルが負のサイクルに向かって機能しないように、生活習慣を改善することが重要となってくる。

 一つは食事の工夫だ。脂肪は就寝中にたまりやすい。このため、就寝前の食事や間食を避けることを心がける。また、油分の多い食事は減らし、油の種類も不飽和脂肪酸のオリーブオイルなどに切り替えることが推奨される。

 もう一つは運動だ。メタボの人は体が重く感じられる傾向にあり、エスカレーターや車での移動に偏りがちだが、日常生活の中で少しでも歩く距離を増やしていく工夫が大切になってくる。菅波特任教授は「歩けば歩くほど、体内の脂肪分の燃焼が促進され、脂肪組織の線維化を防ぐことができる」と説明する。

 ただ、現実にはひざに痛みを抱えるなどの理由で運動療法が難しい人もいる。メタボや肥満症の人に対する効果的な治療薬がいまだ少ない中で、共同研究者の小川教授は「日本人は欧米人に比べ、軽度の肥満でも脂肪が蓄積しやすい。ミンクルを標的とした治療薬の開発が日本人の肥満を救うことになる」と意欲をみせている。

 ■「肝臓の脂肪蓄積」 CTでチェックを

 脂肪にはいくつかの種類があり、腹部の筋肉の外側にあってつまむことができるのが皮下脂肪であり、大腸や小腸のまわりについているのが内臓脂肪。皮下脂肪や内臓脂肪の貯蔵量が限度を超えると、毒性の高い「異所性脂肪」が肝臓などに蓄積される。

 肝臓に必要以上に脂肪が蓄積しているかどうかはCT(コンピューター断層撮影)や腹部エコー検査で一定のレベルは調べられる。菅波特任教授は「肥満の人は検査した方がいい。早期の段階で分かれば、糖尿病などのさまざまな生活習慣病の予防になる」と語っている

2014年11月 1日 (土)

クモ膜下出血 激しい頭痛 生死分ける最初の出血量 気になるこの症状

夕刊フジ 10月31日(金)16時56分配信

    11月に「過重労働解消キャンペーン」(厚労省)が実施される。クモ膜下出血は脳卒中の中でも40-60代の働き盛りに発症が多く、過労死の原因になる。秋と早春の季節の変わり目に増える統計報告もあるので、高血圧や過度の飲酒習慣のある人は注意したい。

 【脳動脈のコブが破裂】

 クモ膜とは、脳の表面を覆う膜(3層)の1つで、半透明でクモの巣のような網目状の構造をしていて脳表面を走る血管を支えている。このスペースに血液が流れ出すのがクモ膜下出血。原因の大半は脳動脈にできたコブの破裂だ。

 東京済生会中央病院・脳神経外科の淺田英穂部長が説明する。

 「コブは脳動脈瘤(りゅう)といって、太い主幹動脈の枝分かれする部分にできます。遺伝子的に血管に弱い個所をもつ人がいて、血圧が高いと脳動脈瘤ができやすいといわれています」

 コブの大きさは、未破裂のものでも5ミリ以上あれば予防として治療が検討されるという。

 【発症の半数が死亡】

 コブが破裂しやすい危険因子は、過度の飲酒、高血圧、ストレスなど。そのため働き盛りに発症しやすい。

 「特徴的な症状は、突然、ハンマーで殴られたような強烈な頭痛と吐き気です。これは頭蓋内圧の上昇による症状で、はっきり現れるので80-90%は救急車で搬送されます。ただし、出血が微小の場合には頭痛が軽度のことがあり、徒歩で外来を受診されるケースもあります」

 クモ膜下出血が怖いのは、脳卒中の中でも最も死亡率が高いこと。20%が病院に着く前に死亡、治療しても約30%が死亡。助かったとしても20-30%は手足のマヒ、言語障害、記憶障害などの後遺症が残る。完全に社会復帰できるのは、出血の軽い20-30%という。

 【72時間以内に手術】

 クモ膜下出血で生死を分けるのは、1分1秒を争う治療の早さではなく、最初の出血の量や広がりなどが関係する。出血は1度止まるので、初期治療は安静を保ち薬で鎮痛、鎮静、降圧を行う。それから再出血の予防のために手術が行われる。

 「脳内血腫の合併があれば早く手術する必要がありますが、通常、ガイドライン的には72時間以内の手術になります。再出血が怖いので、早すぎてもリスクがある。早く手術すれば助かるというわけではないのです」

 手術法には、開頭して脳動脈瘤の根元をチタン製のクリップで止める開頭手術と、足の付け根の血管からカテーテルを誘導し、脳動脈瘤の中にプラチナ製のコイルを詰める血管内手術がある。

 「術法には一長一短あるので、適応は年齢や動脈瘤の場所や形などで使い分けます。開頭手術は3-5時間、血管内手術は2-3時間かかり、3-4週間の入院が必要になります」

《クモ膜下出血の予兆》

★1-3週間前に頭痛がある

(微小の出血の場合)

★脳動脈瘤の場所によっては物が二重に見える

《クモ膜下出血の典型症状》

★突然、激しい頭痛が起こり、嘔吐(おうと)を繰り返す

★重症では意識を失う

★脳に血の塊ができると、言語障害やマヒを伴う

寒くなるこれからの季節は血圧の高低差が生まれやすくリスクが高まる時です。日頃から血圧が高めの方は特に注意が必要です。

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »