介護

2014年4月27日 (日)

介護職 現場の声

<介護職>低い賃金で疲弊 相次ぐ離職「仕事夢ない」 毎日新聞 4月27日(日)8時38分配信

<介護職>低い賃金で疲弊 相次ぐ離職「仕事夢ない」 介護職員など職種別の賃金  過酷さの割に賃金が低いと指摘される介護職。
政府も手は打ってきたものの、依然、他業種との格差は埋まらない。
人材確保には、賃金アップか外国人の活用か--。ここへきて国の姿勢も揺れている。【遠藤拓、佐藤丈一、中島和哉】   常夜灯がぼんやり照らす廊下を、おむつやタオル、ごみ箱を積んだ台車が行き来する。
11日深夜。東京都葛飾区の特別養護老人ホーム(特養)「葛飾やすらぎの郷」に勤めて3年目、生活援助員の宮崎梓さん(22)の夜は長い。
 1フロアには約40人が入居する。大半は80~90歳代で7割は認知症だ。同僚と2人、一晩で4回は巡回し、おむつを替え、トイレを介助し、体位を変える。
消灯後も徘徊(はいかい)する人はいるし、繰り返し呼び出しボタンを押す人もいる。  
ひと息つけるのは午後11時の食事と2時間の仮眠の間だけ。「朝方トイレに行きたくなりそう。でも、呼ばないようにする」。そう気遣う女性入居者に、宮崎さんは「気にしなくていいんですよ」とほほ笑んだ。  
月4~5回の夜勤日は、午後5時前から翌朝10時前までの勤務。しかし、この日は引き継ぎ書類の記入やシーツの交換に追われ、朝食にありつけたのは昼近くになっていた。  
◇平均を9万円下回る  正規職で介護福祉士の資格を持つ宮崎さんの月給は、手取りで約18万円。
15万円を切るという同業の友人よりは「恵まれている」と感じる。とはいえ、介護労働者の賃金は他業種に比べて低い。
全国労働組合総連合のアンケート調査(昨年10月)では、手当を除く正規職の平均賃金は20万7795円。
厚生労働省調査の全産業平均(29万5700円)を約9万円下回る。  長らく介護は主婦による家事労働とみなされてきた。
職業としての確立が遅れ、低賃金から抜け出せない。
介護労働安定センターによると、介護職の離職率は17.0%(2011~12年)で、全産業平均(14.8%)を上回る。
求職者1人に働き口がいくつあるかを示す2月の有効求人倍率は2.19倍。全産業平均(1.05倍)の2倍だ。  
「家族を養えないからな」。首都圏の介護施設に勤める30代の男性介護福祉士は、結婚を機にそう言って「寿退社」していく仲間を大勢見送ってきた。
この道7年目。専門学校の同期80人のうち、続けているのは十数人。自身の手取りは初任給から2万円ほど上がり、ようやく月約23万円となった。
が、同業の妻は初めて産んだ子の育休中。
共働きでなければ生活は成り立たず、保育所を確保できるかが不安でならない。
 「
仕事に夢を見られない。このままなら、なり手はどんどんいなくなる」  日本海に臨む金沢市郊外の特養「やすらぎホーム」。
入居する母(83)の昼食介助に隣の石川県野々市市から訪れる主婦(64)は通ううちに介護職員の疲弊を知り、入居者の家族と職員の処遇改善を求める署名に取り組むようになった。  
母親が入居したのは06年10月。脳梗塞(こうそく)で半身不随となり、食事、排せつなどすべてに介護が必要だ。
感情が高ぶるとパジャマを歯で切り裂く。そんな母をてきぱき世話してくれる職員たちも、入居当初からの顔なじみは3人に1人ほど。
慣れた頃にはいなくなるからだ。この主婦は訴える。「親の面倒を見るかのようにしてくれた職員が、どんどん辞めている。専門職にふさわしい給料が必要です」
====================================
「夢が見られない仕事。」重い言葉です。
今後10年要介護者の増加が統計的に判断されています。
今が大事。
介護現場を担う人材育成と共に、スタッフ達にも当然生活があります。モチベーション向上のすべてがお金だけとも思いませんが、あまりにも過酷な労働対価に見合わない低賃金。この見直しはこの先の日本の未来を左右する今大事な案件ではないでしょうか。
今是非、消費税増税分の変化を介護現場の見直しに当てていただきたいと切に思います。

2014年4月11日 (金)

おむつかぶれの仕組み解明

おむつかぶれの仕組み解明 京大助教ら新治療法期待

京都新聞 4月11日(金)8時49分配信

 「おむつかぶれ」など刺激物が皮膚に触れて炎症が起こる刺激性皮膚炎の仕組みの一端を、京都大医学研究科の中嶋千紗助教らのグループがマウスの実験で突き止めた。2種類の白血球が関与することで炎症を悪化させていた。副作用があるステロイド外用薬を使わない治療法の開発が期待される成果といい、米科学誌で11日に発表する。
 これまでの研究で、白血球のうち好酸球と好塩基球の2種類がアトピー性皮膚炎などアレルギー反応と関連することが分かっている。グループは、2種類とも外部からの刺激で起きた炎症部分に集まることに着目した。
 遺伝子操作で▽好酸球が多い▽好酸球がない▽好塩基球がない-3種類のマウスを作製。これらのマウスの皮膚に炎症を起こす薬剤を塗ると、好酸球がないと炎症が軽く、多いと炎症がひどくなった。好塩基球がないと好酸球が皮膚の炎症部分にあまり集まらず、好塩基球が好酸球を引き込むことに関わっていることが分かった。
 中嶋助教は「好酸球と好塩基球をターゲットにして新しい治療法が考えられるのではないか」と話している。

================================================

これを機に治療法が確立すれば、御年輩の方をはじめ赤ちゃんを育てるおかぁさんにも朗報ですね。

2013年6月19日 (水)

介護で「抱え上げ」やめて=腰痛予防指針を改定―厚労省

時事通信 6月18日(火)18時58分配信

 厚生労働省は18日、介護現場などで腰痛に悩む介護士らが増加していることを受け、「職場における腰痛予防対策指針」を19年ぶりに改定した。高齢者らを介助する際、抱え上げると腰に大きな負担がかかるため、「原則として人力による抱え上げは行わせない」と新たに明記。リフトなどの福祉機器を使用し、やむを得ない場合は、2人以上で行うよう求めた。 

なんと短絡的な。。。

現場で働く職員さん達の体の悩み、一番は腰痛ではないでしょうか。

このようなお達しだけで、人手不足によるオーバーワーク等、もう少し根本的部分の支援・改善がなされなければ、介護の現場を支えるマンパワーへの疲労・負担は変わらないのかと。

益々の高齢化社会。

後手を踏まないよう、現場への手厚い支援を願いたいものです。

2012年11月12日 (月)

11月11日は介護の日 こんなイベントも

<草なぎ剛>介護実習に参加 講師から「転職して」とラブコールも

まんたんウェブ 11月11日(日)14時54分配信

<草なぎ剛>介護実習に参加 講師から「転職して」とラブコールも
拡大写真
世田谷福祉専門学校で介護実習に参加した夏帆さん

 人気グループ「SMAP」の草なぎ剛さんが「介護の日」の11日、主演映画「任侠ヘルパー」のプロモーションのため、共演の夏帆さんらと世田谷福祉専門学校(東京都世田谷区)を訪れ、介護ヘルパーを目指す生徒たちとの交流イベントに参加した。劇中で老人介護に奮闘する役を演じる草なぎさんは、実際に介護実習に参加し、被介護者の着替えとベッドから車椅子への移乗の介助を体験。実習後に「基本的なことなんですけど、ものすごく大事なことが勉強できた。(作品の中で)着替えの介助のシーンはなかったので、今後取り入れられそう」と感想を口にした。

【写真特集】夏帆さんが参加した介護実習の様子

 介護実習には夏帆さんと同作に出演する風間俊介さんも参加。夏帆さんは「相手が“人”なので緊張しました。思いやりとか、人と人なので、意思の疎通とか気持ちのキャッチボールが大事なんだなと思いました」とコメント。3人は実習を指導した同学校の三木真生子先生から、「声かけとか丁寧だったのがとてもよかった。ぜひ介護業界に転職してほしい」とラブコールを送られていた。

 任侠ヘルパーは、草なぎさん演じる極道者・翼彦一が素性を隠して老人介護をするというストーリーで、09年7月に連続ドラマ、11年1月にスペシャル版として放送された。映画は17日公開で、ドラマでは描ききれなかった劣悪な介護施設や悪徳な貧困ビジネスの実態などの介護問題に切り込んでいく。

 同イベントで約50人の生徒たちと交流した草なぎさんは、「皆さんが生き生きとされていて、これからの介護を引っ張ってくれる方だと思ったので、頑張ってほしい。僕らも頑張ります」と生徒にエールを送った。(毎日新聞デジタル)

介護の現場で働く皆さんに。。。私も訪問施療にお邪魔させていただいている施設の方々も、常に笑顔で利用者さん達と同じ目線、親身になって一生懸命働かれている方々ばかりです。日本を支えてきた方達を支える介護職の方々。。。本当に頭が下がります。日本の元気を皆さんが支えています。

2012年11月11日 (日)

介護現場でも人気 消臭パンツ 

<消臭パンツ>おならの臭いを瞬時に 金属イオン効果で

毎日新聞 11月10日(土)12時37分配信

<消臭パンツ>おならの臭いを瞬時に 金属イオン効果で
拡大写真
瞬時に消臭する肌着シリーズ=榊真理子撮影

 おならの臭いを消したい。そんなきっかけで生まれた「瞬時に消臭する肌着」が、介護の現場などで好評だ。肌着の布の糸に張り付けたセラミックスと、糸の中に浸透している金属イオンの効果で「30秒後に80%以上の消臭効果」があるといい、施設に暮らす高齢者だけでなく、下痢や便秘を繰り返す過敏性腸症候群(IBS)で悩む人々にも人気を呼んでいる。11日は「介護の日」--。

 パンツの発案者は、広島大の大毛宏喜(おおげひろき)教授(消化器外科、感染症)。病気の症状の変化とおならの臭いの関係に関心を持ち、臭いの原因となる硫化水素を研究している。

 研究で滞在した米国で、消臭効果のある活性炭を使った座布団やショーツのパッドなどが売られているのを見て「パンツ型にしてお尻を包めば臭いが逃げない」と考え、帰国後に繊維メーカー約50社に消臭用の布の開発を提案。繊維総合メーカーのセーレン(東京都港区)が興味を示し、共同開発が始まった。

 活性炭は炭が落ちるなど実用に向かず、試行錯誤の末、セラミックスの無数の穴が臭いのもとを閉じ込め、金属イオンがそれらを分解する方法で、瞬時の消臭を実現。08年に「瞬感消臭」のブランド名で商品化した。

 「排せつ物などの臭いに悩む介護現場なら効果が分かりやすい」(大毛教授)と、介護施設で暮らす高齢者向けに販売を始めたところ「体臭が軽減された」と歓迎する声が寄せられた。その後も、人工肛門を使う患者用の消臭腹巻きなど、商品数はどんどん増えた。

 排せつ物や加齢臭など、臭いの原因はさまざまだが、セーレンの今井暢之部長は「セラミックスの種類や配合を変えることで、さまざまな臭いに対応できる」と語る。

 大毛教授は「自分の臭いに過敏になって悩んでいる人も多い。こうした消臭商品があれば安心感につながる」と力説。セーレンでは現在、ビジネスマン向け靴下や女性用ショーツなど、計22アイテムを販売している。ネット通販などを通じ、今年はシリーズ全体で約3万枚を売り上げている。

 問い合わせは電話0120・469・028、ホームページはhttp://www.inodore.jp/【榊真理子】