健康関連ニュース

2019年5月 4日 (土)

「首ポキ」で脳卒中、左半身まひで入院 米男性

(CNN) 首の痛みを覚えて伸ばそうとしたら、ポキッという音。次の瞬間、左半身がまひし始めた――。米国の男性が取材にそんな経験を振り返った。

男性はオクラホマ州ガスリーに住むジョシュ・ヘイダーさん(28)。この時は氷枕を取りに台所に向かったが、まっすぐ歩くことができなかった。「どうしても左約45度の方向に進んでしまった」と振り返る。

義父に連れられて緊急救命室に入り、血栓を溶かす薬を投与された。その後は規模の大きなマーシー病院に転院し、集中治療室で4日間を過ごした後、さらに入院治療を受けた。

マーシー病院で治療に当たったバンス・マコロム医師は「音が鳴った際、首の骨につながる動脈が破裂してしまった」と解説。首をひねったことで血管が切断されたとの見方を示す。

同病院に搬送されてきた際、ヘイダーさんはまひや、物が二重に見える複視などの症状を呈していた。血管を撮影したところ、動脈に損傷があることが判明したという。

この出来事が起きたのは3月14日。リハビリを経て、現在は自立した生活を送ることができている。

「今は車いすや杖(つえ)なしでも歩けるが、前よりずっと疲れやすくなった」とヘイダーさん。「体の左側が少し痛むし、以前より重く感じられる。前ほどは自由に動かせない」と語る。

しゃっくりが止まらなくなるという奇妙な症状にも見舞われた。「卒中後2週間しゃっくりが止まらず、しまいには数秒間息をすることも難しくなった。怖かった」

マコロム医師によると、カイロプラクティックの施術を受けた患者など、この種の卒中は以前にも診たことがある。「私は首を鳴らしたい時は左右に動かすだけにする。ひねることはない」と注意を促している。

以下リンク先

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-35136503-cnn-int

現在、頚へのアジャスト行為(ここではポキポキと呼ばせていただきます)は厚生労働省のガイドラインにおいても禁忌施術に指定されています。(それだけ施術事故の報告も多いそうです)カイロの団体は異論を述べられていますが、こちらでは割愛致します。

自身で行う分には自己責任ということになるでしょうが、やはり発泡音が鳴るまでスイングする行為は椎骨動脈へ加わるストレスが非常にリスキーである事は過去の事故や症例から危惧され報告されています。

そう言う自分も首肩周辺の筋緊張が強く感じてくると首を動かしたくなる衝動にかられます。但しその際はポキポキ鳴らす目的で行わず、大きなスイングや、勢いは付けず、頚の筋肉がじんわり伸びていくように前後左右ストレッチするまでに留めています。

それでも緊張した筋肉のスライドがスムースに伸展できない場合は関節包滑液は鳴ってしまいます。

ではどうすればいいか?これは私の経験ですが、一番大切なことは普段から全身の筋肉が凝らないように深い呼吸を意識したり、まめに優しく揉んでみたりするなどして常に筋肉のテンションを意識し、柔らかい筋肉でいられる状態をキープすることが大切だと考えています。疲労やストレスを溜め込んでしまう前に何か楽になれるアクションを行う事で、関節を鳴らしたくなる衝動自体が抑えられますし、多少負荷をかけたストレッチを行っても柔軟な筋肉であればしっかり伸びることが出来、伸ばされた筋肉により致命的なダメージになる事を防ぐことが出来ると思われます。

 

2018年1月27日 (土)

インフルエンザ うがいは感染予防にならない?

この度、インフルエンザの予防にうがいは適さないとし、厚生労働省発、インフルエンザ予防ガイドラインからうがいが外される事に。

私も、日頃からうがいはよくしているのですが、この発表を見てびっくりしました。
インフルエンザのウイルスが口腔や鼻の粘膜、気管から体内に侵入すると数分から20分のうちに感染するそうです。
外出時それだけまめにうがいをすることは不可能だろうというのがその理由だそうです。
逆にまめにうがいが出来る環境なら今まで通り有効という事でしょうかね。
今までにうがいが習慣になっている方は、継続していいのでは。
手洗いは有効だそうです。
他には、
寝不足にならない(免疫力が低下する時間帯の夜更かしはもってのほかですね)
バランスの取れた食事
ストレスや疲れを溜めない
等が有効な予防法だそうです。
2月の寒さをピークにインフルエンザも急増しやすくなります。
体調万全、予防に徹して無事に春を迎えましょう。

2018年1月16日 (火)

くしゃみ抑制すると脳血管や喉、鼓膜が破裂する恐れ 医師ら警鐘

1/16(火) 14:22配信

AFP=時事

【AFP=時事】くしゃみを抑えると、喉の裂傷や鼓膜の損傷、脳血管の破裂などを引き起こす可能性があると、研究者らが15日、警鐘を鳴らした。

【写真】生きた魚のみ込んでぜんそく治療 インド

 多くの人は、くしゃみが出そうになると、本質的にくしゃみの爆発力を抑え込もうとして口や鼻などをすべてふさぐ。だがこうした行為が場合によっていかに危険かということが、英レスター(Leicester)にある病院の救急外来を最近受診した34歳の男性の症例で明らかになった。この男性は、首の腫れと激痛を訴えていた。

 英医学誌ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル(BMJ)の症例報告データベース「BMJ Case Reports」に掲載された論文によると、担当医師らは、「患者は鼻をつまみ、口を閉じてくしゃみをこらえようとした後、首の辺りで破裂するような感覚を覚えたと話した」として詳細を説明。CAT(コンピューター断層撮影)のスキャン画像を見ると、抑制されたくしゃみの力によって喉の後部が破裂していたことが確認できたと述べている。

 まれな症例ではあるが、くしゃみを抑制したことにより両肺の間に空気がたまってしまった例や、脳血管が膨張した状態にある脳動脈瘤(りゅう)の破裂が起きた例さえあるという。

 医師らは、「鼻孔や口を覆ってくしゃみを抑制するのは危険な行為であり、避けるべきだ」と結論付けている。【翻訳編集】 AFPBB News

2017年6月18日 (日)

無資格施術に対する認知を 消費者庁より発令されました。

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_safety/release/pdf/consumer_safety_release_170526_0002.pdf

2017年3月29日 (水)

海外でも人気?吸い玉療法

カッピング

(イメージ写真)Photo: スプラッシュ、ニュースコム、シンクストック/ゲッティイメージズ

【フロントロウ編集部】

 美や健康に対する意識が高い海外セレブの間で大流行している「カッピング施術」。男女問わず多くのセレブが取り入れているカッピングは高い効果を発揮し副作用の少ない優れた施術として知られている。

 セレブ界で愛されているカッピングとその優れた効果について、日本でカッピング施術をおこなっている「Be-Breath ビブレス女性専用治療院」への取材を通して特集します。

 

美と健康を求めて、セレブ界のカッピング愛好家

 カッピングは吸い玉または吸角と呼ばれる球状の機器を使うため、施術後は肌に丸い痕が残るのが特徴。

ニコール・リッチー カッピング

 セレブ界では、デザイナーのヴィクトリア・ベッカムやニコール・リッチー、シンガーのレディー・ガガ、女優のジェニファー・アニストンやグウィネス・パルトロウなどがカッピング愛好家。さらに美容マニアのキム・カーダシアンにいたっては顔用のカッピングも行っていることを明かしている。

レディー・ガガ カッピングジェニファー・アニストン カッピング

 一方、男性セレブNo.1のカッピング愛好家は、シンガーのジャスティン・ビーバー。頻繁にカッピングの痕が目撃されている。

ジャスティン・ビーバー マイケル・フェルプス カッピング

 また、2016年のリオ五輪では多くのメダリストの体にカッピング痕があることが話題になり、この年に金メダルの通算獲得数が歴代1位となった米水泳選手のマイケル・フェルプスもその一人だった。

 

「身体の滞り」を治癒する、カッピング治療とは?

 古くからある民間療法であるカッピングは、「体の滞り」を改善する治療法。

カッピング

 カッピングは施術を通してたくさんのキレイな血液や新鮮な酸素の流れをつくりだすことで、身体の不調の原因となる「悪い血液」「汚れた酸素」「気の流れの滞り」を改善することを目的としている。

 施術の方法は症状によってさまざま。滞った血液を体内から実際に取り出す「ウェットカッピング」と、体内での滞りを改善させる「ドライカッピング」を使い分けながら身体をベストな状態へと導いていく。

 

カッピングの色で身体の状態が分かる!

 カッピングには身体の健康状態が分かるという利点もあり、カッピング痕が濃ければ濃いほど身体の状態が悪いということ。

カッピング 色

 治療を継続して全身の滞りが改善されていくとカッピングの痕も鮮やかな赤色~薄いピンクに変化していき、その色の変化によって治療頻度を変えていくのがおすすめ。

 ちなみにカッピングの痕は、通常3~4日、長くて1週間~10日ほどで消える場合が多い。

カッピング 吸い玉

 

疲労回復から美肌効果まで!カッピングの効果

美肌効果

血流を促進させ、表皮の再生力と抵抗力を促進させることで、肌荒れや乾燥肌、アトピー等の皮膚疾患の改善に効果的。

 

肥満・むくみ改善

老廃物を取り除き、血管やリンパ管の流れを良くするため、むくみの改善に。さらに全身の血流が改善されることで痩せやすい身体をつくる手助けをしてくれる。

 

冷え性改善

血行が良くなることで身体が熱を作りやすくなるので、手足の冷えにも効果的。

 

肩こりや筋肉痛などの改善

吸引による圧力の変化により、血管が拡張し、老廃物が流れ、血流が改善するため、疲労回復効果も。また、吸引力により筋肉や筋膜の伸張性を高め、筋肉の緊張をほぐしてくれる。

 

ストレスや不眠の改善

心地よい吸圧でおこなうことで神経を介して痛覚が過敏になるのを抑えることで、痛みの緩和により交感神経が抑制され、リラクゼーション効果を発揮する。

 

便秘の解消

吸圧の繰り返しにより、腸内運動が活発になり、便秘改善にひと役買う。 

 

免疫力アップ

血管・リンパ管の流れを良くすることで免疫力が高まるため、生理痛、アレルギー、風邪、二日酔いなど、内科疾患の悩みにも効果的。

カッピング

短時間で効果を実感。副作用が少なく、身体の状況を見た目でも判断できるわかり易さも兼ね備えているカッピング施術。

当院でも肩・首・背中のだるさや疲れが抜けないとお悩みの方に好評の施術法です。

2017-3-28- 21:00

フロントロウ記事より抜粋

疲労とは???

ストレス社会と言われる現代社会ですが、実際どのくらいの人が疲労を感じているのでしょうか?2015年に全国40~60代の男女を対象に行われた意識調査では51.2%の肩が常に、またはしばしば疲労を感じていると回答ているそうです。更にたまに疲労を感じる方を加えるとその数字は83.7%、約9割近くまで跳ね上がるそうです。

疲労の定義
1991年に発足した科学技術庁(現文部科学省)による研究による定義では
疲労とは「過度の肉体的および精神活動、または疾病によって生じた独特の不快感と休養の願望を伴う身体の活動能力の衰退状態」 と定義されています。

2017年2月11日 (土)

<市民ランナー>マラソン大会出場 ベストな頻度は

毎日新聞 2/11(土) 10:00配信

 いよいよ今年の東京マラソンが目前に迫ってきました。その1週間前の京都マラソンや4月の長野マラソンなど、前後にある他の大会にエントリーしたランナーもたくさんいるでしょう。市民ランナーは、どれくらいの頻度で大会に出るのがベストか。多くのマラソン大会でドクターランナーを務めるよこすか女性泌尿器科・泌尿器科クリニックの奥井識仁院長に聞きました。

 ◇フルマラソンの疲労は1カ月で解消と言われるが…

 フルマラソンの疲労は1カ月で取れる、などと言われます。それを証明する科学論文はありませんが、ランナーの診察をしているとおおむねその通りだと感じられます。しかしそれはあくまで「ランニングができる」というレベルです。力のすべてを出してフルマラソンを走った人が、次に再び全力で走れるのは3カ月後、というのが私の実感です。

 その「実感」を科学的に検証してみました。私自身が毎月の月間走行距離を200キロと定めて、定期的にマラソン大会に参加し、その間に性ホルモンであるテストステロンの分泌量を測定します。具体的には2010~13年にフルマラソン、トライアスロンなどのさまざまな大会に参加しつつ、継続的に血液中の遊離テストステロン値を測定、記録しました。毎月出場した期間もあれば、ひと月、あるいはふた月の休養月を入れた期間もありました。

 結果、大会に参加すると一時的にテストステロン値は上昇し、その後に次第に下がっていきました。テストステロン値の低下期間に再度大会に出ると、テストステロン値は下がったままで上昇しませんでした。休養期間の長さを変えながら、いろいろなパターンで検証、解析した結果を(1)毎月大会に出た場合(2)間に休養月を1カ月入れて=およそ2カ月おきに大会に出た場合(3)休養月を2カ月入れて=およそ3カ月おきに大会に出た場合--の3パターンに分類して、グラフに表してみます。

 グラフの青い曲線はテストステロンの平均値、黒い曲線はテストステロンの変化から得られる近似式です。縦軸は血液中の遊離テストステロン値(pg/mL)で、正常値は4.7~21.6とされています。男性更年期(医学的には「加齢性腺機能低下症」と言います)で治療を開始すべき目安とされる8.5pg/mLのラインを太い線で示しています。横軸は時間で、曲線の左端から右端までで3カ月間に相当し、2本ずつある青い矢印は大会に参加した時期を指します。毎月出た場合のテストステロン値は右肩下がりのままですが、2カ月おきではやや上昇に転じ、3カ月おきでやっと低下部分を回復できています。この研究は2014年日本Men’s Health医学会で発表し、会長賞を受賞しました。

 ◇低テストステロンがもたらすリスク

 テストステロンは男性ホルモンと呼ばれますが、男性にも女性にも分泌されます。成人では性行動や性機能の面でも重要ですが、筋肉の量と強度を保つ機能、そして血を作る作用を持っています。また精神にも関係していて、集中力の維持、リスクの回避などの高次脳機能にかかわっています。

 次にテストステロン値が低いままだと起きることを最新の学術論文からまとめてみました。

(1)若い男性は性機能が低下する

 ポーランドの医学誌「Endokrynologia Polska」に14年に投稿された論文では、年齢20~49歳の男性136例の健康状態を調べた結果、テストステロン値が低下すると性機能が著しく低下すると報告されています。

(2)心臓など血管系の病気が増える

 「Frontiers of Hormone Research」という医学誌に14年に掲載された総説によると、心血管系の病気を持っている男性には、テストステロンの欠乏が高率に発見されます。さらに死亡率の上昇とも関連していることが分かっているとしています。

(3)血管の炎症が続き、動脈硬化が出現しやすい

 「Endocrine research」という雑誌に掲載された論文では、マウスを使った実験でテストステロン値の低い状態が血管に与える影響を調べています。動脈硬化は血管に炎症が起きることで生じますが、その炎症をテストステロンが抑えていると考えられる、と報告しています。

 ◇テストステロン値が低い時期の大会エントリーは危険

 これらのことから言えるのは、大会に参加し血管や心臓に負担をかけた後、テストステロン値の低い状態が続くと、血管の炎症がなかなか改善せず、心臓へのリスクも増すということです。そんな状態で、次の大会に出たらけがは頻発するでしょうし、心臓の突発的な病気だって起こりえます。

 テストステロンの分泌が回復したかどうかの目安は、性機能です。性機能が低下したときは、次の大会のエントリーは避けるべきだと言えるでしょう。初心者ランナーが1シーズンに2~3大会出場してみたいと思うなら、休養期間を少なくとも2カ月は確保するよう勧めます。

2014年11月 1日 (土)

クモ膜下出血 激しい頭痛 生死分ける最初の出血量 気になるこの症状

夕刊フジ 10月31日(金)16時56分配信

    11月に「過重労働解消キャンペーン」(厚労省)が実施される。クモ膜下出血は脳卒中の中でも40-60代の働き盛りに発症が多く、過労死の原因になる。秋と早春の季節の変わり目に増える統計報告もあるので、高血圧や過度の飲酒習慣のある人は注意したい。

 【脳動脈のコブが破裂】

 クモ膜とは、脳の表面を覆う膜(3層)の1つで、半透明でクモの巣のような網目状の構造をしていて脳表面を走る血管を支えている。このスペースに血液が流れ出すのがクモ膜下出血。原因の大半は脳動脈にできたコブの破裂だ。

 東京済生会中央病院・脳神経外科の淺田英穂部長が説明する。

 「コブは脳動脈瘤(りゅう)といって、太い主幹動脈の枝分かれする部分にできます。遺伝子的に血管に弱い個所をもつ人がいて、血圧が高いと脳動脈瘤ができやすいといわれています」

 コブの大きさは、未破裂のものでも5ミリ以上あれば予防として治療が検討されるという。

 【発症の半数が死亡】

 コブが破裂しやすい危険因子は、過度の飲酒、高血圧、ストレスなど。そのため働き盛りに発症しやすい。

 「特徴的な症状は、突然、ハンマーで殴られたような強烈な頭痛と吐き気です。これは頭蓋内圧の上昇による症状で、はっきり現れるので80-90%は救急車で搬送されます。ただし、出血が微小の場合には頭痛が軽度のことがあり、徒歩で外来を受診されるケースもあります」

 クモ膜下出血が怖いのは、脳卒中の中でも最も死亡率が高いこと。20%が病院に着く前に死亡、治療しても約30%が死亡。助かったとしても20-30%は手足のマヒ、言語障害、記憶障害などの後遺症が残る。完全に社会復帰できるのは、出血の軽い20-30%という。

 【72時間以内に手術】

 クモ膜下出血で生死を分けるのは、1分1秒を争う治療の早さではなく、最初の出血の量や広がりなどが関係する。出血は1度止まるので、初期治療は安静を保ち薬で鎮痛、鎮静、降圧を行う。それから再出血の予防のために手術が行われる。

 「脳内血腫の合併があれば早く手術する必要がありますが、通常、ガイドライン的には72時間以内の手術になります。再出血が怖いので、早すぎてもリスクがある。早く手術すれば助かるというわけではないのです」

 手術法には、開頭して脳動脈瘤の根元をチタン製のクリップで止める開頭手術と、足の付け根の血管からカテーテルを誘導し、脳動脈瘤の中にプラチナ製のコイルを詰める血管内手術がある。

 「術法には一長一短あるので、適応は年齢や動脈瘤の場所や形などで使い分けます。開頭手術は3-5時間、血管内手術は2-3時間かかり、3-4週間の入院が必要になります」

《クモ膜下出血の予兆》

★1-3週間前に頭痛がある

(微小の出血の場合)

★脳動脈瘤の場所によっては物が二重に見える

《クモ膜下出血の典型症状》

★突然、激しい頭痛が起こり、嘔吐(おうと)を繰り返す

★重症では意識を失う

★脳に血の塊ができると、言語障害やマヒを伴う

寒くなるこれからの季節は血圧の高低差が生まれやすくリスクが高まる時です。日頃から血圧が高めの方は特に注意が必要です。

2014年9月18日 (木)

神経障害性の痛み治療薬「リリカ」に重い副作用

読売新聞 9月17日(水)21時53分配信

 厚生労働省は、神経障害性の痛みの治療薬「リリカ」(一般名・プレガバリン)を服用した後、劇症肝炎や肝機能障害の重い副作用を発症する症例が確認されたとして、製造販売元のファイザーに対し、二つの副作用への注意を促す記述を薬の添付文書に加えるよう指示した。

 同省などによると、過去3年間に劇症肝炎や肝機能障害の副作用が確認された患者は計11人。このうち、劇症肝炎で死亡した1人と、肝機能障害の7人については、因果関係が否定できないという。

 リリカは、帯状疱疹(ほうしん)後の神経痛や線維筋痛症などの治療に用いられる。2010年6月に販売を開始し、使用患者は推計年約195万人。

私の知る限り脳梗塞の後遺症に起こる神経性疼痛に服用されている患者さんもいます。

肝機能への副作用。因果関係の解明が急務ですね。

2014年7月21日 (月)

手のぬくもり 痴呆症症状の緩和へ。

痴呆症による徘徊や攻撃的な行動が周5回(20分前後)のマッサージを5週間行うことで7割もの方が症状改善されたそうです。

手のぬくもりによるリラックス効果が、興奮によっておこる情能行動を抑制してくれるそうです。

より以前の記事一覧