ぎっくり腰の記録

2014年5月22日 (木)

ぎっくり腰 治療家の腰痛日記 7日目 吸玉療法

既に、患部の痛み、炎症は消え、ジョギングを再開しました。
大事を取り距離はいつもの半分からですが。
身体は正直。一週間の休息で、既に筋肉痛に。
筋肉の衰えは早いものです。治療もトレーニングも無理なくコツコツ行きたいものです。
今日は、ぎっくり腰のと言うよりはジョギングで疲れた筋肉と身体の若返り、
リフレッシュを兼ねて、吸玉療法を。
下はその際の画像ですが。
やはり終わった後の、爽快感はマッサージにも勝るのでは?といいますか、別物の回復感。
背中に張りついていた重い感覚が今ではすっきり。
「背負っていたリュックサックを下したみたい。」と言われた患者さんもいました。
停滞していた気・血が流れ毛細血管に染み込むかのような。。。
この背中の張りが曲者で。じわじわ疲れが溜まるので、自覚症状が表れにくい。
現に、私もぎっくり腰に。
皆さんもそうではないでしょうか?
吸玉の後は、翌日の寝起きが違います。
私もお気に入りの療法です。
画像のような丸い後は4日程で綺麗に消えます。エステでは美肌ケアに使われている様ですね。
美容にもおススメです。

Img_20140520_003314324 Img_20140520_003328810

2014年5月14日 (水)

ぎっくり腰 治療家の腰痛日記 五日目

1400065258420.jpg 1400065260891.jpg 大分落ち着きだした四日目から、仕事を理由に自愛せず 。六日目の今日、朝の起き上がりはほぼ痛みも怖さもない状態。 感じているのは、 お辞儀の動きで腰に現れるつっぱり感。 靴下はまだ立ったままは早いかな? 洗顔は両手でO.K. 仕事をこなし夕方の時間。 炎症も落ち着いたので満を持して自ら鍼治療を開始。 やっぱりコレが効く。 時間がないのでL4•5に単刺で終了。 お辞儀の動きも痛みが抜け動作への怖さも無し。 すぐにでもジョギングに出掛けられるコンディションに胸躍る気分。 これぞ、健康のありがたみだ。 こんな時、私はこの仕事をしていて良かったと思う、数ある感動に浸るときであります。

その腰痛 炎症してる?

起きてしまった腰痛ですが、炎症性か非炎症性かで回復に要する日数が違います。

しかしながら、そのどちらなのかは素人判断では難しいところではないでしょうか?

そこで簡単な判断材料をお教えします。


まず、

お辞儀が出来る。
寝返りが辛くない。
立ったまま靴下を履ける。
朝の洗顔時、両手を使って洗う事が出来る。
くしゃみが怖くない。

等が炎症の落ち着きの判断に。

また、治療の開始の判断になると思います。

2014年5月10日 (土)

ぎっくり腰 治療家の腰痛日記 二日目

朝の目覚めは痛みで起き上がれずのスタート。 機能、一時的に頭痛をコントロール出来ていた事に甘え、仕事、掃除と酷使した結果でしょう。反省。 なんとか起き上がる動作に入るものの、腰椎に上体が乗る立位までが辛い。自身でL4•5を押圧アジャストしながら立ち上がりに成功。それくらい昨日の無理が祟りました(苦笑) このままでは往診ままならず。 患部へアイシングスプレーで痛みを軽減し、消炎剤、キネシオの上にコルセットを取り出し、骨盤と腰椎を固定化。 コルセットの装着を昨日怠ったのも大きなおごりだったとまた反省。 なんとか、歩き出し身支度を済ませバイクで出動。 身体の使い方に気を使う仕事になってしまったことが申し訳ない。 帰宅し再度処置を施した頃には 屈伸、歩行、施術の動きに不安はない。 お陰でいつも通りの仕事をこなし夕食を済ませ今に至る。 大分痛みへの不安感も消え、急性期から回復期に入ったことを実感。 さて、もう一仕事済ませ明日に備えます。いざ大会はどうなるでしょうか?

ぎっくり腰 治療家の腰痛日記

久しぶりに、魔女の一撃です。

飛んだり跳ねたり、仕事で飛び回ったりとそれなりに酷使していた身体でもここのところ、養生法も功を奏してか?痛みを潜めていた私の腰痛。
が、しかし腰痛持ちには時折顔を出してくるのです。
本日久しぶりに味わいました。
きっかけは庭の木伐採作業中。
一気にたたみかけすぎました。
その際、呼吸法もおろそかに。
無酸素状態での作業で肩甲骨回りの柔軟性低下が肝でしょう。昨日、肩甲骨回りと腰痛の関係性を患者さんに説明したばかりですが。(苦笑)
なぜ?ぎっくり腰と肩甲骨が関係あるの?
それは、身をもってお教えいたします。
今回の原因を分析する為、それ以前の身体をの使い方を考え、反省すると。。。まずはこれ、3日前に年甲斐もなく某遊園地のギネス認定ジェットコースターに搭乗。Gのきつさと筋力の低下から首を何度か持っていかれてました。
また明後日行われる町内のソフトボール大会に向け訛った体幹の強化を。と腹筋を頑張りすぎました。(筋力は一日にしてならず!!です苦)
それでも腰椎周りに置いた皮内鍼のおかげで調子よく負荷を掛けれていたのですが、昨晩外した矢先の事です。
これらの事が今回のぎっくり腰(腰椎椎間捻挫型の急性腰痛)の原因でしょう。
今行っている処置は、アイシング
特効穴への皮内鍼。
幹部のキネシオ。
消炎鎮痛剤の塗付です。
で、お風呂に入り、血管拡張。アイシングで血管収縮で粗療治を終えたところです。
やはり、温まった後はズキズキ感が現れます。
炎症確定。
さて、この状況から明後日に控えたソフトボール大会には間に合うでしょうか?
仕事はバッチリです^^
明日も回復経過リポート致します。