住まい・インテリア

2014年4月17日 (木)

伊豆で太陽光をお探しなら。 実績No.1のマエダ電化さん。

1397726437715.jpg

当院屋根にも全量買い取り太陽光発電が設置しています。

まだ二年目ですが、もちろん故障もなくメンテナンスフリー。

せっせと今日も発電してくれています。

当初設置に際して施工業者をどこにお願いしようか悩みましたが、伊豆における施工実績、
地域密着スタイル、万が一の故障にもアフターサービスが万全なマエダ電化さんに決めました。


設置をお考えの方、発電のシュミレーションもしていただけますよ。

社長さんを始め、営業担当の方も気さくで言いにくいことにもズバリ答えていただきました。

益々普及して、日本のエコに繋がるといいです。

2011年6月22日 (水)

アジアン度アップ?

 

Nec_0204

待合室のテーブルとイスを塗ってみました。

やすりで古い塗装をごしごし落とし、

オイルステイン塗料のダーク色で塗り完成。             ↓

濃いめの色でアジアン度アップ?

Nec_0769

イメージ変わったの分かるでしょうか?

2011年6月 1日 (水)

火災警報器の設置その前に・・・

消防法の一部改正により住宅用火災警報器の設置が義務付けられ当院も煙感知型の警報機を設置致しました。

し・か・し・・・Nec_0176

設置前にかねてからの疑問が・・・

治療にお灸を使うため、まさかお灸の煙で警報機が鳴ったりしないのか?

万が一の為に、一応テストしてみました。 Nec_0186

単純ですが、お灸に点火し直接煙を警報機に当ててみました。

Nec_0175

結果は警報は鳴らず。

まぁこれくらいの煙量では感知しないということでしょうか。

これで安心してお灸は使えそうです。^^

しかし、警報機設置の安心感も大切ですが、一番は火事を起こさない危機管理だと思います。

これからも、気を引き締め施術に向かい合いたいと思います。

以下は火災警報機についての施工法の紹介です。

新築住宅だけでなく、既存住宅についても2011年6月1日までに全国全市町村で義務化される。

すでに義務化された自治体も多く、街角のポスターや消防庁のサイトなどでアナウンスされているが、普及率は未だ70%未満。広く認知されているとは言い難いようだ。


「まずは設置場所。寝室と、寝室が2階以上にある場合は階段にも必ず設置します。

また、地域によっては台所や、廊下以外の全室に設置が義務付けられています。

お住まいの地域の設置基準については日本火災報知機工業会のHP『どの部屋にとりつけるの?』を参照してください。

また、住宅用火災警報器は法令等によって規格が定められています。国が定めた規格に適合したものは本体にNSマーク(鑑定合格証)が付いています。マークが付いた警報器を選ぶとよいでしょう」

規格に適合した警報器はホームセンターや家電量販店などで買うことができるようだ。

種類は大きく分けて、煙を感知するタイプの「煙式」、熱を感知するタイプの「熱式」があるという。

「寝室や廊下には煙式が、火災以外にも日常的に煙が発生する台所や車庫などには熱式が適しています。

すでにお住まいの住宅には、煙式住宅用火災警報器の電池式がおすすめ。ネジや釘で簡単に設置でき、専門業者の工事が不要です。

約10年間電池交換不要のリチウム電池タイプのもので価格は5000~8000円程度ですので、選ぶ時の参考にしてください。

ちなみに設置を怠っても罰則などはないが、消防庁予防課では「住宅用火災警報器の目的は、何よりも火災からあなたの大切な家族やご自身の命を守ることにあります」として設置を促している。

日本に先立ち義務化を進めたアメリカでは現在普及率が90%を超え、30年間で火災による死者が半減したという。

2011年5月27日 (金)

香りの女王

Nec_0160今日のお花はローズ

香りの女王とも呼ばれております。

情熱の赤が眩しいくらいです。

今日もお花の生命力に元気をいただき施術に励みます。

2011年5月25日 (水)

モカブラウン

院内のベッドシーツを一新Nec_0004

より濃い色のモカブラウンに変更してみました。

2011年5月 6日 (金)

押し花時計

市販の物を購入したのですが、どこか物足りなく、少々手を加え

押し花の時計にしてみました。

院内のどこかに飾っております。

お越しの際には見つけてみTokeiて下さい。

院内を飾る花々をご紹介します。

Hana_2 Hana2 Hana3 本日のお花は待合に飾っております。

院内には色々な季節のお花や観葉植物を置き

文字通り空間に華を添えてくれてます。

日頃からお忙しい方々ばかりです、花を眺める時間も

大切にして、ほんの息抜きになればと・・・

ご来院の際にはお楽しみいただければと思います。