経済・政治・国際

2011年6月 2日 (木)

プルトニウム排出する薬剤承認へ 厚労省部会

ニュースより以下抜粋 

体に入った放射性物質を排出させる薬剤2品が、7月にも医薬品として承認される見通しになった。1日開かれた厚生労働省の薬事・食品衛生審議会の部会で、意見がまとまった。

 2剤は「ジトリペンタートカル」(販売名)と「アエントリペンタート」(同)。どちらも主に点滴薬として使われ、日本メジフィジックス社(東京都)が輸入販売する。

 厚労省によると、原発事故などで放射性物質を大量に吸い込んだり、傷口から入り込んだりしてしまった時に使われる。プルトニウムなどを尿から体外に出す効果が認められているという。2010年10月時点で、米独仏の3カ国で承認されている。

 放射性物質の除去剤で国内で承認されているのは放射性セシウム用の「ラディオガルダーゼ」がある。

本来承認されていなかったこのような薬剤が、しかもこの短期間で承認されるという事は、今現在、終息していない原発問題の危機感を強く象徴してるように思えます。

放射能は見えない・臭わない物質だけに安心してしまう気持ちと不安な気持ちが入り混じります。

全日本国民の為に、どうか政府にはこれ以上後手にまわることのないようお願い申し上げます。