育児

2014年9月 8日 (月)

ズンズン運動

無資格者による、男児死亡事件。

ニュース映像とインタビューを見て驚きました。

亡くなられた赤ちゃん達に追悼の意を表します。
これは自身の感想ですが、赤ちゃんへの過剰なゆすり、首のひねり等の行為は未発達な脳へのダメージにつながると予測され当然好ましくないと思います。
赤ちゃんは大人とは比べ物にならないくらい高い(敏感な)感受性があります。
お母さんが行う際にも赤ちゃんへの施術はソフトにソフトに。
まさにマザーズタッチです。
ウトウトするくらいの優しさが大切です。

2013年6月 7日 (金)

赤ちゃん 人見知りはなぜおこる?

赤ちゃんの人見知り行動は「近づきたいけど怖い」という心の葛藤がもとになっている--。東京大、京都大、同志社大などの研究グループが6日、赤ちゃんの視線の動きを計測する実験からこんな推論を導いたと発表した。1歳未満の赤ちゃんでも相反する感情の間で心が揺れ動くことが分かったという。米オンライン科学誌「プロスワン」に掲載された。

 グループは、生後7~12カ月の赤ちゃん57人を、母親へのアンケート結果から人見知りが強いグループ(24人)と弱いグループ(33人)に分けた。女性がほほ笑えんでいる映像を見せ、近赤外線を使った視線計測装置で目、鼻、口に視線を止めた時間の割合を調べた。その結果、人見知りの弱いグループが目を見る割合は平均約10%だったのに、強いグループは同約20%で、相手の目を見つめようとする傾向があった。

 次に視線を正面に向けている女性の映像と顔を斜めに向けている女性の映像を並べ、赤ちゃんが視線を向けた時間の割合を調べた。弱いグループは「正面」と「斜め」の割合が5対4だったのに対し、強いグループは逆に4対5となり、自分を見ている相手から目をそらし、別の方向を見ている人をよく観察していた。

 グループの同志社大の松田佳尚特任准教授(発達心理学)は「人見知りの背景には、相手に近づきたくて目を凝視しつつも、相手から見られ続けると目をそらしてしまうという心の動きがあると考えられる」と話している。【五十嵐和大】

2012年7月26日 (木)

妊娠期のマッサージについて。(むくみや肩凝りの悩み)

妊婦さんの安定期を過ぎてから、むくみの改善・足のだるさを主訴にお越しいただく事が多いです。

中には治療院に電話し、妊娠中と聞くと施術を断られたとおっしゃられる妊婦さんもいらっしゃいます。

とは言え、出産に向けお辛い症状は少しでも改善のお手伝いをさせていただくのが我々鍼灸・あマ指師の使命であり、母子共に健康でストレスのない穏やかな出産を迎えられるお手伝いが出来れば一治療家としまして大変喜ばしい事であると考えます。。

そこで、妊娠期のマッサージを受けられる際の、施術内容と注意事項をご紹介します。

施術前に問診を行い、施術日(本日)の体調から妊娠してから現在までのお身体の様子をお伺いします。

問診が終了後、ベットに移動いただき,仰向けでお休みいただき施術開始です。

その際、お身体の負担を少しでも無くせる様、ボディーマットを調節し最もリラックスいただける姿勢にて施術を行います。

妊娠中にマッサージを行う際、特に気を付けると良いといわれるツボがございます。

太谿…踵の内側にあるツボ

三陰交・・・内踝から脛骨に沿って上三寸にあるツボ

至陰・・・足の小指爪の直側

特にこちらのツボは子宮内・及び骨盤腔の血流を促進する働きがあると言われております。
その為、ツボの効能により分娩を促進する可能性もあると古くから言い伝えられています。
とは言え、よほどの強刺激で施術しない限りそれほどの心配はいらないと思います。
(私も実際そのような経験は未だにございません。。。)


そしてマッサージ時の刺激としましてはごくごく優しくが基本ですが、弱すぎてもご満足いただけないでしょうから、そこは妊婦さんとのコミュニケーションをしっかりと取り、胎動を伺いながら刺激を調整していきますのでご安心ください。

ここまでお書きしましたが、それでも出産に向けたママ(特に初産のママ)は、心配事が尽きないのも事実ではないはないでしょうか?

その場合、なによりご安心いただける為にも、一度主治医のお医者さんに辛い症状をお伝えし、

「この時期にマッサージを受けてもいいでしょうか?」と伺いいただけると我々も妊婦さんも安心して施術を受けられると思います。

元気な赤ちゃんが生まれ、新しい家族が増える事で、より素晴らしい人生がスタートする事でしょう。

よりよいご出産が出来ます事、また少しでもそのお手伝いが出来ましたらなにより幸いな事です。

2012年6月27日 (水)

<妊娠糖尿病>20歳「痩せすぎ」は注意…筑波大分析


毎日新聞 6月27日(水)11時17分配信
 20歳のときに痩せている女性が妊娠すると、妊娠糖尿病になる危険性が高まることが、筑波大水戸地域医療教育センターの谷内洋子博士研究員らの分析で明らかになった。欧米の研究で肥満が妊娠糖尿病を起こしやすいことは知られていたが、痩せていることとの関連が確認されたのは初めて。英糖尿病学会誌電子版に発表した。

 ◇インスリン分泌量、十分に増えず

 妊娠をきっかけにインスリンの働きが落ち、インスリン分泌量が十分に増えずに血糖値が高くなる状態を妊娠糖尿病という。妊娠糖尿病になると、胎児が大きくなりすぎたり、早産や妊娠高血圧症候群を起こす恐れがある。

 研究チームは08~10年に、糖尿病になったことがない妊娠初期の女性624人を追跡調査した。その結果、妊娠中期までに28人が妊娠糖尿病を発症した。女性たちの20歳時点の体重を聞き、分析した結果、BMI(体格指数)が18未満の「痩せている」に該当する体重だった女性は、BMIが18以上で肥満でもない女性と比べ、妊娠糖尿病を発症する可能性が4.85倍も高かった。

 痩せている女性は、青年期に必要な栄養の不足や筋肉量が少ないことが血糖値を高めている可能性があるという。チームの曽根博仁・筑波大教授(内科)は「30代ぐらいまで痩せすぎの女性が多いのが日本の特徴。痩せていることが美しいとの風潮や意識を見直す必要がある」と話している。【永山悦子】

2011年6月19日 (日)

放射能から子供達を守る為に

こちらのサイト、参考になればと思います。

http://savechild.net/

2011年6月 8日 (水)

肩の痛みに

代表的なツボをご紹介します。

「CCF20110601_00000.jpg」をダウンロード

「CCF20110601_00001.jpg」をダウンロード

これらのツボは痛みのある時の反応点となります。

鍼やお灸・マッサージを症状に合わせた施術で、一日も早い症状の回復を目指します。